玄米は危険!?知っておこう玄米のデメリット。

「玄米 デメリット編」

専門用語過ぎると自分がしんどいので分かりやすくするため、私の感覚言葉で書いてきます。

まず 玄米の何がデメリットなのか!?

そもそも 玄米は 硬い殻に覆われています。

a5ad659265b900a2bd90afa3f19af0d9_s

玄米も種子なんですね、早い話アーモンドとかみたいな感じです。なので 玄米自体に白米よりも、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでるため、

人間が健康を保つために必要とされる栄養素をほとんど摂取できるため、完全栄養食と言われてます。

と言ったところで…

頑丈な硬い殻に覆われていたら 吸収もしないし、放出もしない。

なんせ 生の(そのままの)玄米は、鍵の閉まった頑丈な金庫みたいなもの。そりゃ メリットもデメリットにしかならないという話です。

だって吸収出来ないですからね・・・

そうなると浮き彫りになるデメリットたち…

まず

①消化に悪い
②栄養にも何もならないので、意味がない。

意味がない以前に

危険

玄米にはNiceな栄養素が沢山ある代わりにBadな毒性も含まれています。

どんな毒かと言いますと。発芽抑制因子(アブシジン酸)。このアブシジン酸というのは、くせ者でミトコンドリアを傷つけてしまうそうです。

ミトコンドリア…?

(説明)

エネルギー代謝系の話です。

ミトコンドリアが傷つくと、

①エネルギー(熱)を作り出せなくなる
②エネルギー(熱)が作れなくなるイコール体温下がる。
③体温下がると、免疫力下がる。
④免疫力下がると、不妊やらガンやら病気を引き起こす原因になる

なんとも最悪なパターン、、

ちょっと余談、ちなみに平熱36.4度以上が病気にならないベストと体温と言われています。

問題点はざっくり2つ

①消化に悪い
②毒

そして本当に玄米は完全栄養食なのか?

よく白米というのは「粕(カス)」と書くから、読んで字のごとく栄養素をほとんど捨て去った「残りかす」だと言われていますよね

糖質制限ダイエットで有名な夏井睦医師も以前テレビで「白米を食べるのは、砂糖を食べているのと同じことだ」と言っていました

米はデンプンなので、体内で分解されればブドウ糖になりますよね、なので言ってることはそうだと思います。

ブドウ糖とは、糖の最小単位のことをさします。

たとえばブドウ糖とブドウ糖が2つくっつくと、麦芽糖と呼ばれるものになり、ブドウ糖と果物などの果糖がくっつくと、ショ糖と呼ばれます。

さらにブドウ糖がたくさんくっついたものはデンプンです。たとえば、芋やお米などはデンプンが豊富ですよね。

この2つ以上くっついているものは、そのままだと栄養にならないので、最小単位の単糖であるブドウ糖にまで分解されてから体内に吸収されます。

つまり、お米や芋、麺などを食べても、砂糖の入ったお菓子を食べても、最終的にはブドウ糖に分解されるのです。

引用 脳の栄養源、ブドウ糖を摂取しないとどうなるのか。

そうなると、玄米だって所詮米、炭水化物ですよね。

私もはじめは玄米は完全栄養食なんだと思い疑っていませんでしたが、そうやって考えるとその通りですよね。

しかもどんどん調べていくと、玄米に含まれている栄養素の「量」は、そんなに凄いのか?という疑問に思いました。

白米と比べると、各栄養素が数倍含まれていますが、それは「残りかす」と比べたらそうなのであって、厚生労働省が発表している「第6次改定日本人の栄養所要量について」と照らし合わせてみると、ほとんどの栄養素が足りていないことが分かります。

ですので、玄米は「完全食」の定義から全く外れていることになります。

しかし、それでも私が玄米を推す理由は別にあります。

それは驚異の解毒効果と、強力な抗がん作用があるからです。しかしながら玄米の強力な抗がん作用は、炊き方を工夫しないと効果を発揮しません。

引用 そろそろ玄米が「健康食」か「不健康食」かに決着をつけようと思う

解毒力はあると言われるものの、完全栄養食というわけでもない、扱いとなれば他の食べ物から摂取する方が簡単なのかもしれません

玄米を食べるなら必要な打破(解決)方法を覚えましょう。

玄米を無毒化する為にする方法

もちろん玄米には相当すごいメリットもあることは確かです。

詳しくはこちらから→「玄米の効能、栄養、メリット」

玄米に含まれるフィチン酸のおかげで農薬や化学肥料や食品添加物などの化学物質、さらには水銀、鉛などの有害重金属などの「体内に存在するあらゆる毒物」と結合して体外に排出する働きがあるこれを「キレート作用」と言われています。

このキレート作用を、土壌汚染(バイオレメディエーション)に使われていたり、キレーション療法というのもあるそうです。

バイオレメディエーション(bioremediation、生物学的環境修復)は、微生物や菌類や植物、あるいはそれらの酵素を用いて、有害物質で汚染された自然環境(土壌汚染の状態)を、有害物質を含まない元の状態に戻す処理のことである。

引用 Wiki

実際に玄米菜食で病が治ったという方の話し聞きます。

もちろん食事だけではなく他にもされてるから限定することは不可能だとは思いますが、病の時(もちろん病にもよります)には、玄米のキレート作用は効果があるということだと思います。

何でもそうだと思いますが、これだけ食べておけば健康とか絶対とか100%はないと思っています。

私自身も実践されてる方、実際に治されてる先生の話、いろんな情報を本やネットで得ます。

自分と似た意見だけの情報を見るだけではなく、まったく反対の意見を言っている情報もみてみることをすることが大事なんだと教えられました。

両極の情報を知り、そこから自分の経験など照らし合わせて、五感を大事に自分の体調を見てバランスを取っていくことを習慣づけていきたいと思っています。

私自身元々0、100のところがある性格のため、自分と同じような考えの意見しか調べない傾向があったので、特に反対の意見だからといって、はなから否定体勢で聞くのではなく、どっちの意見も聞いて考える。

これを食べたらだめ、あれをしちゃだめと自分を縛りすぎるのはストレスですし疲れてしまいますからね。

健康でいたいと思うのは、毎日体調よく楽しみたいから。

ずっと楽しむためには、毎日しんどかったり病気になってしまったら、やりたいことも思うようにできなくなってしまい心から楽しめないと私は思っているので、そうしています。

玄米もメリット、デメリットありますので、食材の特性を知り、使い分けて食すのがベストだと思います。

【関連記事】

【完全保存版】解毒作用を持つと言われている食べもの特集!

【食の陰陽の世界】本来の食のあるべきすがた

【手作り酵素ドリンク】玄米でつくるリジュベラック

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。たまに美容師。断食でアレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。
楽しく生きるをモットーに、断食や養生法も取り入れシンプルライフスタイルを目指す。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

玄米は危険!?知っておこう玄米のデメリット。
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る