歯医者には気をつけよう「恐怖の歯科医」

a840f9326b191757bb8b0dfabcc5fa4b_s

健康な歯を次々抜歯… 仏「恐怖の歯科医」が出廷

この事件は怖すぎますよね・・・100人以上が被害に遭っているらしくて、ストレス発散なんか知らないけど一度に8本抜かれるってどんだけなんだよと思います。

 ヤコーブス・ファンニーロップ(Jacobus van Nierop)被告(51)はシャトーシノン(Chateau-Chinon)村で、患者の健康な歯を次々に抜いていた。

65歳の女性患者は2012年3月、歯列矯正器具を装着するため被告の元を訪れたところ、「7~8本の注射を打たれ、一度に8本の歯を抜かれた。3日間出血が止まらなかった」と話している。

ちょうど、去年の今頃くらいに歯が痛み始めて歯医者に通ってたのを思い出す。

久しぶりの歯医者の順番待ち中は、ストレスでちょっと胃が痛くなっていた(笑)あの歯医者の雰囲気と匂い、音にやられて。

そして名前が呼ばれて、治療が開始で、結果はなんと虫歯が神経まで届いてて神経を抜かないといけなかった。

そして神経を抜く治療が始まりました。かなり痛くて、今までで1番痛かった。

終わった後に話しを聞くと歯医者の治療の中でも一番痛い治療なんだとか。麻酔も打ったのにホント痛かった。今、思い出すだけでも痛い。

ネットで調べてみると、最近では神経を抜くのはほとんど痛みがないんだと書かれたりしてたんだけど、、

多分、治療が下手だったからあんだけ痛かったんだろうと思います。(そんな気はしてた)

そしてそれから、7~8回くらい通って治しました。

色んな調査によれば、日本人は9割以上が毎日歯磨きをしていて

b5de3953306f1c0073d62534814d4675_s

7割以上は1日に2回以上は歯磨きをするそうです。

こんなに歯磨きをしているにも関わらず、95%の日本人に虫歯(治療済み含む)があるという事実。

これって歯磨きやっても、むし歯になるって事でしょ。

やはり1番いいのは甘いもの(砂糖)を断つことなんだと思います。

中世ヨーロッパの貴族は砂糖が好きだったから、みな虫歯だらけだったみたいです。

体に悪い食材あまくない砂糖の話。
あまくない砂糖の話 出典: 監督自らが実験台となり、1日にスプーン40杯分の砂糖を摂取し続けるとどうなるかを記録したオースト...

もう一つショッキングな話が・・・

fb4534dcf0b1c892521a9e4e63d5d88a_s

歯医者が虫歯の治療の時に、虫歯になっている歯質を全部取りきらず少し残しておくというテクニックもあるみたいです。

虫歯が残ったままでその上から詰めたり、被せたりするとその下に残ってる虫歯が徐々に広がっていきひどくなる。

気づいた時には、かなり進行していて歯も痛くなっている。広がっていくのは時間がかかるので、例えば1年とか経って痛くなればまさか歯医者がそんな事をしているとは思いませんので。

そうなると、定期的に歯医者に通うハメになるんです。

この話、個人的にはかなり可能性があると言うかあると思います。

昔は歯医者は憧れの職業で、かなり儲かったらしいんですが今では、コンビニエンスストアより数が多く、競争が年々激化し、年間1600軒が廃業する過酷な世界なんだそうです。

なので全然ありうる話だと思います。

【関連記事】

鎮痛剤の依存性は麻薬並み!?

困った時の自然療法&家庭でできる農薬を落とす方法【りんご】

スタバはもはやジャンクフードと一緒

愛知県生まれ。以前メキシコで飲食店経営、足つぼマッサージ師、動画(PV)制作などを経験。養生ラボでは、薬に頼らない生き方、体質改善の方法、実体験談を語っていきます。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

歯医者には気をつけよう「恐怖の歯科医」
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る