【肌断食】をする際プラスαのルールとは?(前編)

肌断食のやり方(洗顔編)【何もつけないスキンケア法】
【関連記事】前回の記事 もちもちのシミしわもないような赤ちゃんのような綺麗な肌は本当に憧れますよね。それが自然であれば。 ...
肌断食(保湿編)【何もつけないスキンケア法】
【関連記事】 前回の記事で【理想的な洗顔のやり方】を説明したので。 次は保湿について このスキンケアでは、化粧水やクリ...

肌を元からきれいにするために
【肌断食】をする際プラスαとしてやってみると良いルールがあります。

シンプルケアを提唱している専門家の、宇津木式で有名な宇津木先生と非接触皮膚科学で有名な牛田先生のスキンケアのいいとこどりをしてプラス養生ラボ流に実践している体験談です。

その養生ラボルールとは?

aea35095d35700176b13fb154e21d356_s

1.湯洗髪(湯シャン)

お湯だけの湯洗髪です。

2.水洗顔
水かぬるま湯だけでの洗顔です。クレンジング剤、洗顔フォームなどは使いません。

3.肌断食
基礎化粧品はもちろん、通常時はファンデーションも使いません。
(口紅などポイントメイクはOK)

4.15分以下の日差しなら日焼け止めは塗らない。
日常的には日焼け止めは使わない。ただし長時間の外出の時や10~14時日差しや紫外線が強い時間、キャンプや海水浴などは例外。

c8fccd34ece300e46e2bf7110526f353_s

5.顔、髪を手で触らない
私自身無意識に顔や髪の毛をすぐ触ってしまう癖が・・。
考えごとや会話、日常的に手は色んな所を触り、刺激物がいっぱい。
手で顔を触らないことが最大の注意事項であり肌荒れを防ぐポイント!

6.洗剤系は使わない
服、寝具など洗濯物すべてに洗濯洗剤、柔軟剤など一切使わない。
食器洗剤も使わない。歯磨きなども使わない。
てか使わなくなってみると必要ないと思える。

7.抗菌、除菌グッズなど化学物質製品を使わない。脱化学物質
(身の回りから、有害化学物質を減らす)
洗濯洗剤、柔軟剤、食器洗剤、歯磨き粉、掃除用品、漂白剤、芳香剤、消臭剤、殺虫剤、抗菌剤など

8.薬(医薬品全て、脱病院・・緊急要する場合以外)

9.マニキュア(ネイル、ペディキュア)、香水

10.生理用品をやめる

これらの炎症の引き金となるような「一次刺激性物質」を避けるようになれば

11d0a30b7c85042ce52974a061797fcc_s

・赤み

・かゆみ

・カサつき

・にきび

・くすみ

・毛穴の開き

・アトピー

・乾燥肌

・しみ

・敏感肌

改善されると言われています。

経皮毒、社会毒、当たり前のように使ってるものを見直すことが、第一歩です。

後編に続く

【肌断食】をする際プラスαのルールとは?(後編)
【前回の記事】 11.顔の運動+全身運動(養生法など) 湯洗髪、水洗顔、肌断食では、ニキビや湿疹、赤みなどの肌荒れを...
ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。ラジオコメンテーター、DANZIKIアドバイザー、たまに美容師。アレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。20Kgのダイエットにも大成功。内なる健康を目指し、断食や養生法を取り入れるシンプルライフスタイルの提案を行う。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

【肌断食】をする際プラスαのルールとは?(前編)
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る