乳幼児の場合の急な発熱の時の対処方法

「薬を使わない薬剤師」として有名な宇多川久美子さんにお話を伺っています。

前回の記事↓

薬は石油から合成されているものが多いという事実
「薬を使わない薬剤師」として有名な宇多川久美子さんにお話を伺ってきました。 薬は石油からできている ーーー薬は石油でできているっ...

乳幼児の場合の急な発熱

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s

ーーー乳幼児の場合の急な発熱の時の対処法だとかクスリをのませない方がいいのか?何日間、熱が下がらないと危険だとかの判断基準はなんでしょうか?

熱もそうですが、症状が外に出ているということはお子さんの体が治癒に向かって闘えているということですよね。

むしろ、出ていないことの方が良くないと思うんです。

ですから発熱は体温を上げて免疫力を上げているんだ、自分が戦えているんだというところを意識して、熱が出ているから下げなくちゃ!とはならないようにしたいですね。

今でこそこんなこと言ってますが、かつては私も、子供が赤い顔をしてるから、熱を計ってみてすごく高いと慌てて病院に連れて行ってましたね。

でも発熱は免疫力をあげている事なんだということを理解すると、子供の状態を見る目とか自分自身が熱がでたときも、感じ方が変わってきたんですね。

以前は熱が出ると辛いだけだったのが、今は「ガンバレ!」って応援したくなりますよ。

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

お子さんが走り回ってて顔が赤いから熱を測ったら、高熱だったっていうことがよくありますよね。

こんな時はお子さんが熱に負けてないということですから、薬を飲んで熱を下げる必要はないと思います。

どんな時に下げないといけないかと言うと、本来はゆっくり寝ることが大切なのに熱でうなされて寝付けないとか、とても苦しがっているとか、熱に負けているときですね。

更に病院に連れていった方がいいのは、お子さんが泣かなくなったとか、明らかに唇が乾いているとか、脱水症状を起こしている時ですね。

そういう時には、水分を飲む事が出来ないんだったら点滴なども必要でしょうね。

お母さんがしっかりお子さんを観察して、緊急性があると思ったら迷わず病院に連れていってくださいね。

でも昔言われてたように、熱が高いと脳症になるって言うのは実はクスリ(解熱剤)のせいだったということもあるんです。

3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

例えばインフルエンザの時には、今は解熱剤としてアセトアミノフェンという成分のカロナールなら使っても大丈夫ということが分かっていますが、それまでは他の解熱剤も色々使われていて、それで脳症などの副作用も起こっていたんです。

なので今はそんなに心配する事はないのかなと私は認識しています。

でもこれはお母さんがどこまで理解してるかであって、やっぱりお母さんが不安な気持ちでいるとお子さんにも伝わりますね。

熱がでたら困ると思うとお子さんって熱を出したりしますよね。ですからそこで親がどんな対応をするかによってお子さんの治り具合(免疫力)が変わってくるんですね。

子どもは言葉を発する事ができるから、今どんな状態だって言えるじゃないですか。

だからそれをある程度信用してあげましょうよ。

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

どれくらい熱が下がらなかったら病院に行くかということですが、安静にしているのに5日下がらなかったらこれは明らかに大変な事が起きているから、

それはちゃんと検査してもらった方がいいでしょうね。感染症なら抗生物質も必要かもしれません。

そうでないなら安静にしているかどうかですね。

大人でもしんどい時に頑張っちゃてて、夕方に熱がでるのは当たり前の話で、毎日しっかり安静にして寝ているんだけど熱が下がらないんだったら、病院に行った方がいいと思います。

病院に行ったとしても、言われるままの診療ではなくてちゃんと答えてくれる先生を見つけておくのも大事ですね。

だからまずは安静にしてから、水分だけは必ずとって様子をみるのが大事ですね。

そして赤ちゃんだったら、ちゃんと泣くか、反応するか、唇がカサカサしてないかなどをチックしてあげることです。

【関連記事】

薬は石油から合成されているものが多いという事実

テレビは愚民化装置、日本をダメにしたのは学歴社会

大手メーカーの浄水器の落とし穴

薬剤師だからこそ、薬のすばらしさ・大切さを知っています。

その反面、薬の怖さ・無駄使いも知っています。

食べ方や歩き方を少し変えるだけでも、薬を飲まない身体を作ることが可能です。

楽しみながらワクワクしながら健康を手に入れましょう!

22555

宇多川久美子(うだがわくみこ)

一般社団法人国際感食協会理事長
ハッピーウォーク主宰

1959 年千葉県生まれ。明治薬科大学卒業。

薬剤師として医療の現場に身を置く中で、薬漬けの医療に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」を目指す。

感謝して五感で食べる「感食」、楽しく歩く「ハッピー☆ウォーク」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」を中心に、薬に頼らない健康法を多方面に渡り発信している。

主な著書に「その「1錠」が脳をダメにする」「薬が病気は治らない」「薬剤師は薬を飲まない

※宇多川久美子 著作特集はこちらから

youjo-labo編集部
養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

乳幼児の場合の急な発熱の時の対処方法
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る