手荒れの原因まとめ、皮脂などの大事な役割

日に日にひどくなっていくアレルギー症状

55555

(※この写真は断薬してからの好転反応が出てきた時の実際の写真です。当時はこの写真とは比べ物にならないほど更にひどくグチュグチュしていて皮膚がない状態でした。当時の皮膚の状態の写真が残っていないのが残念ですが・・)

元々小さい頃はそんなに肌が弱い方ではなく、食物アレルギーや花粉症、鼻炎なども無かったように思います。

中学生で初めてピアスを空けた時にパンパンに耳が腫れてものすごく膿んでしまいそれ以来金属アレルギーになってしまったくらいでした。

高校を出て美容師になってから壮絶なアレルギー、重度の接触性皮膚炎に悩まされることになりました。

いわゆる職業病ですね。

美容院ではもちろん日々シャンプーから始まり、カラー、パーマをお客様に施術します。

私の手に異変が起きたのは、仕事を始めて確か3、4ヶ月くらいだったと思います。

始めは誰でもなる軽い乾燥による手荒れ程度でなんともなかったのですが、日を増すごとにとてつもない痒みに襲われ、無意識に掻いてしまっていました。

就職1年生によく見られる「自分の思い描いていた夢と現実のギャップ」はじめてだから当たり前なのに「自分の出来なさ加減」にも凹み、そんなストレスも加わり、余計に掻いていると気持ちも収まるような感じでした。

私自身が感じた美容師の手荒れの原因

13e93efc41ce14134a2845e6936f2dd4_s

「職業性皮膚障害」と呼ばれる皮膚病罹疾患

①お湯による乾燥

②シャンプーなどの洗剤

③カラーリングの際に使用される、ヘアカラー剤(パラフェニレンジアミン)、その他カラー剤

④パーマをかける時に使用される、コールドパーマ液(チオグリコール酸)、その他パーマ液

⑤ヘアセット剤等(ワックスなど)

⑥お客様の髪を触ったあと等さっと手を洗うだけでしっかり水洗いなどできない

⑦手に残っている薬剤同士が反応

⑧髪の毛は汚い

⑨ゴム手袋(ラテックス)

⑩接触によってさらに炎症

⑪薬剤残留している道具の洗浄  など。

※⑧なぜ髪の毛は汚いかというと・・

c070d165f10d062e352c70e3b7b5a861_s

頭皮は皮脂腺と汗腺が多い場所なので、体の中でも特に細菌数が多い部位のため。

汗や皮脂で毛穴がつまり、細菌や臭いも発生しやすく不潔な状態になりやすいから。

肌と比べると皮脂腺の量はかなり多く、額・頬の2倍以上と言われています。

しかし間違えて欲しくないのが。

・皮脂の役目

汗と混じり合い皮脂膜を作り、頭皮や毛髪を保護してくれる

・皮脂膜は角質中の水分が頭皮から逃げていくのを防いだり、皮膚表面を弱酸性に保ってくれる。
・有害な紫外線が直接当たるのを防いだり、雑菌から守る役割もしてくれる

a5b243dfb6b4fa78facf3d0362572409_s

本来、体から出る汚れはお湯で落ちると言われています。なのでシャンプーなどは本当は必要ないんです。

シャンプーを使い、洗いすぎることにより常在菌のバランスがくずれたりして、脂漏性皮膚炎になったりする人もいるそうです。

原因はシャンプーの中に入ってる成分の防腐剤などの化学物質の使いすぎなども挙げられています。

詳しくはこちら↓

シャンプー、毛染め剤、パーマ剤の毒性、経皮毒

皮膚から体に… 経皮毒、美容院に行く前に読んで欲しい
今日のテーマは「経皮毒」 一応美容師の私も思うカラー剤やパーマ液の危険性。。。 始めに一言。誤解のないように!染めたり、パーマか...

【関連記事】

皆さんが今お使いのシャンプー大丈夫ですか?

皮膚から吸収された化学物質はどうなる?

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。ラジオコメンテーター、DANZIKIアドバイザー、たまに美容師。アレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。20Kgのダイエットにも大成功。内なる健康を目指し、断食や養生法を取り入れるシンプルライフスタイルの提案を行う。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

手荒れの原因まとめ、皮脂などの大事な役割
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る