キャベツのすごい栄養、効能、解毒作用

キャベツの歴史・・・

a8cb36f252b44008d0254e386dab49fa_s

キャベツは、ケルト人によって数千年前から栽培が行われていたと言われています。意外に歴史の古い野菜なんですね。

日本に入ってきたのは約800年ほど前だそうですが、当時のキャベツは現在のものとは違い、観賞用の葉ボタンのことを指していたようです。

結球性のキャベツが入ってきたのは江戸時代の末期ごろで、本格的に日本に導入されるようになったのは明治になってからとのことです。

春野菜の成分、解毒作用に効果絶大

注目したいキャベツの栄養素!

キャベツには栄養が豊富に含まれているということはよく知られていると思います。

ビタミンやカルシウム、食物繊維などが豊富。

その他にもカロテンやカリウム、葉酸、発がん物質の活性化を抑える効果が期待される成分など様々含まれています。

まずは【ビタミンC】

キャベツはビタミンCの含有量が100g中44mgです。

食べる部位によって含有量の大きな違いがあるそうです。

緑色の濃い外側の葉っぱの方がビタミンCが多く含まれているので、ビタミンCをより摂取したい場合は緑の方を食べるといいそうです。

【ビタミンCといえば・・】

天然のビタミンCとミネラルの宝庫【柿の葉茶】

ビタミンCをしっかり摂りたければこれを飲め!

c26ad695202ef4cc15725d83e7bff147_s

【ビタミンU(キャベジン)】

別名キャベジンと呼ばれているので、皆さんおなじみですよね。

胃や十二指腸の健康を保つことに優れた効果があります。

食べ合わせでとんかつの付け合せにキャベツが多いのは、揚げ物による胸焼けを防ぐ効果も期待できるからという話です。

【ビタミンK】

ビタミンKには血液凝固作用があり、止血が早くなり、かすり傷などの治りが早くなる効果が期待できます。

【カルシウム】

カルシウムは骨や歯の構成要素であることは有名ですね。

ですがここで大事なのは、マグネシウムが無いとカルシウムは体内に吸収されないということです。

カルシウムをコントロールする役割果たしてくれるのがマグネシウムなのでカルシウムも大事ですが、マグネシウムはものすごく大事な存在なんです。

以前はカルシウムとマグネシウムの摂取比率は2:1と言われていたそうですが、最近の研究では1:1のほうがいいとも言われているそうです。

※マグネシウムの多い食品・・・野菜、豆類、海藻類、種実類、魚類・魚介類(あおさ、青のり、納豆、煮干し、ごま、アーモンド等など)

【参考記事】

ゴマはすごい!万能パワーまとめ

c3c0d17b69a433276a4b7e1927e2a0f9_s

【ベータカロチン】

キャベツ外側の緑色が濃い部分には、ベータカロチンが多く含まれています。

ベータカロチンは体内に取り込まれるとビタミンAに変わり、そして、目の健康維持・視力障害の防止に効果が期待できるそうです。

【カリウム】

カリウムは生命活動を健康に維持するために重要な栄養素です。

また不足すると、筋肉の動きが悪くなり、けだるさを感じるようになる。

【葉酸】

キャベツやホウレン草に多く含まれる葉酸は赤血球を作ったり細胞の分裂をする際に必要な栄養素。

発育に特に必要な栄養素のため、妊婦さんにはとくに必須といえる栄養素で有名ですね。

【関連記事】

「りんごは医者いらず!?りんごの栄養効果」
りんごのすごい栄養効果 りんごの優れているところはビタミンや抗酸化物がバランスよく含まれているところと言われています。 特に...
【完全保存版】解毒作用を持つと言われている食べもの特集!
解毒作用を持つ食材とは? 解毒作用を持つと言われている食材はたくさんあります。 しかも、ありがたい事にどれも特殊なものではな...
ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。ラジオコメンテーター、DANZIKIアドバイザー、たまに美容師。アレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。20Kgのダイエットにも大成功。内なる健康を目指し、断食や養生法を取り入れるシンプルライフスタイルの提案を行う。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

キャベツのすごい栄養、効能、解毒作用
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る