〝食の安全〟を守る愛知県のスーパー「サンヨネ」

「おいしい、新鮮、安全な食品を、よりお安く販売します」
「お客様・社員・お取引先の皆様に心から喜ばれる事業を目指します」

愛知県豊橋市を中心に5店舗を展開するスーパー「サンヨネ」。開店前には行列ができ、駐車場は、何曜日でも、何時でも大変混雑しておりあっという間に満杯となるほどの人気なのです。

ガイアの夜明けにも取り上げられた事もあるサンヨネさんの安心・安全な食品を仕入れるだけでなく、自ら商品開発も行っている考え方を聞いてきました。

ホームページはこちらから⇒サンヨネ

今回は蒲郡店におじゃましました。

8

養生ラボ(以下、養生) 明治25年創業なんですよね?

三浦和雄代表取締役(以下、三浦) はい。そうです。

養生 元々は魚屋さんだったんですか?

三浦 水産業はいろいろなタイプがあるんですが、私たちは生魚を抜いた塩干物の加工品の魚関係の商売を中心とした商売が元ですね。それも卸売だったんです。昔ですが、

そして太平洋戦争が終わった後は、この豊橋も焼け野原になってしまった。

もう一回再建しようって事で、社員と一体となってその後は卸売だけではなくて、豊橋駅のところに本店がありますが、そこで代々続いて私で4代目になるんです。

その本店の二階に私も高校3年生まで住んでいて、ある意味会社と仕事が一緒のような存在できたんですね。

今日の話題になるような、食の安全に関わる事をなぜサンヨネがここまでうるさいというか、非常に気を使って、一見普通のスーパーに見えるかもしれませんが背後ではそうゆうことを一生懸命にやっている会社だって事を知る糸口というのはですね。

この会社の仕入れに対する生業と私が関係してくるんですよ。

どう言う事かというと、まずなぜこの会社が124年も保ってきたかと言うと、仕入れが違うんです。

2

養生 仕入れが違うとは?

三浦 私たちは昔から生産者やメーカーさんから直で買うことが当たり前だった会社なんです。普通だと中間に問屋さんが入って買うことがだいたい普通なんです。

私たちは元々、生産地まで行って生産される方から直接話をして良い物を現金で買う事をやってきて成長してきた会社なんです。

だから原点は「生産の源まで遡れ」ってのが私たちのありようなんです。

この会社が生まれた時からそうなんです。

logo

ですから今でも私はオーナーでもあって経営トップにも関わらず、現場に行くんです。

そして私はですね、人の為に何かしたいなって事を中学3年生くらいから真剣に考えていたんです。なぜそんな考え方をしたかと言うと、産まれた時ですね、、

今だったらいいんでしょうが、すごい未熟児だったんです。

養生 どのくらいだったんでしょうか?

三浦 1400gです。普通なら生きていられないか、酸素吸入のベットで盲目になるかどっちかだったんです。まあそんな事で生かされた生命なのでその事を生かして医者になりたかったんですよ。

でも挫折してですね、、そして合ってないとは思ったんですが経営の道に入ってきました。

そこで考えてみれば、食でそれが実現できるんじゃないかと大学の時にふと思ったんです。その時に俺はこのために産まれてきたんではないかと思ったんです。

20

「よし、俺の人生はこの事に一生捧げよう」と思ってやってきたんです。

「人々が健康になれる”食”を届けたい」

会社の考え方に良識のある商品をお値打ちに提供すると言う言葉で表現しているんですが、良い物を作ると普通の人が考えれば当然高くなるよねと。

養生 まあそう言う考えは多いですよね。

三浦 だけど本来生活者の為に、本来あるべき方向ってのがそう言う物を食べていけば自然に健康になる本来の食べ物が誰もが食べれて、次の世代を育てていく、まだ給料はそれほど高くなくても普通に買えるような社会が本来の姿じゃないかと思うんです。

そのために難しいのは値段なんです。普段の値段にするにはどんな仕組みを作るかなんですよ。

そして農業からスタートして、今は全ての分野に及ぼしているんですが(一部できてませんが)、やっぱり基本的には人なんですよ。

そして本来の世の中と言うのは良い方向、いい考え、に動かしていくと結局はコストが少なくて本来あるべき姿が生まれてくる現象があるんですね。

間違えた考え方でコストをかけても、コストをいくらかけても良い物が生まれない現象が色んな分野で見えてくるんです。

p3

じゃあ何かと言うと、相手が同じ考えで勉強家であって、人の為に考える人かって事なんです。

そして一緒に勉強して、お互いに相手の事を考える仕組みを構築しますと、人間と言うのは恐怖政治や会社だとやらされ感で命令によって動く組織と、自ら仕事が面白くなって笑顔でやるようになった場合とでは結果が全然違ってくるんです。

これが何故か嬉しい事に私たちはできている事が多いんです。同じ思いを持つ生産者や加工会社を全国で探し、時には技術指導をしながら、商品を生み出してきたんです。

今ではハート商品(おいしさと安全性を追求し、商品づくりに情熱を燃やす生産者の方々と開発した)も400種類を超えてきて、これからもさらに増やしていくつもりです。


サンヨネのこだわりは随所にちりばめられているが、私たち養生ラボが特にこちらのスーパーに惹かれた魅力は、卵やお肉です。

ポストハーベストフリー、遺伝子組み換え材料不使用などの飼料で育ち、平飼い、抗生物質やホルモン剤や予防注射、薬剤を一切使用しないなどなど。

そんな卵、鶏肉、豚肉、牛肉 取り揃えてあるスーパーは愛知県屈指だと思います。スタッフみんな笑顔の接客もとても気持ちがいいです。

サンヨネさんの気持ちが入った商品を「食品の裏側」と共に一部紹介させて頂きます。

安心安全の商品を売るスーパーに聞く「食品の裏側」
前回の記事はこちら☟ サンヨネのハート商品(おいしさと安全性を追求し、商品づくりに情熱を燃やす生産者の方々...

今回、取材協力していただいたサンヨネさんどうもありがとうございました。

サンヨネ

map_s

魚町本店:豊橋市魚町120
東店:豊橋市仲ノ町1
高師店:豊橋市上野町上野53-2
豊川店:豊川市金塚町2丁目1
蒲郡店:蒲郡市八百富町7-34

詳しくはこちらから⇒サンヨネ

youjo-labo編集部
養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

〝食の安全〟を守る愛知県のスーパー「サンヨネ」
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る