電磁波はメディアの中で最後のタブーなんです

医、食、住、断食などの様々な分野で言及するジャーナリスト船瀬俊介さんにお話を伺ってきました。

最後のタブー

e9909b93a6af78ba1e727b7c163ba11e_s

朝日に後輩の新聞記者がいるんだけど「船瀬さんこんなの書いているの?」って言うから電磁波の本は結構書いてるよって言ったんだ。

「そしたら朝日は電磁波問題は書けないんですよね」ってサラッと言うんだよ。

サラッとね・・・

だから書けないのが当たり前なんです。電磁波問題が何故書けないかというと、書いたら・・・

例えば電磁波を規制するとアメリカ軍の戦闘能力が10分の1以下になるからなんです。近代兵器の多くはレーダー等、別名”電磁波兵器”ですからね。

旧ソ連は高圧線から1kmx1km圏に一切の建造物は禁止ですよ。それだけ電磁波が有害だって旧ソ連では常識だったんです。

974874a31584a64bd6312483bd89cba6_s

そしてIHも怖いですよ。IHが怖いのは普通に使っているだけで5.7倍、流産が増えるっていうデータがあるくらいです。

スイッチ入れた途端に赤ん坊がビクってするんだよね。それだけストレスがあるんです。

それに科学的な立証はロバート・べッカー博士のサイクルトロン共鳴理論で全て証明ができます。

電磁生体学の世界的権威でノーベル賞に2度もノミネートされたロバート・ベッカー博士(ニューヨーク州立大)は「体内のかすかな電位差による生体内電流の刺激が、生体内をコントロールし、さらに治癒、再生まで制御している」ことを証明しているんです。

ベッカーはなんて言ったか、いいですか?

「人工的異常電磁波は周波数に関わらず全て有害である」と言うんです。

人工で、異常な、電磁波。周波数に一切無関係。だから人工電磁波は全て有害であると言っている。

成長中の細胞は、細胞分裂がさかんです。電磁波を被曝すると、その遺伝子の鎖構造の分裂、 再結合のたびに、遺伝子障害のリスクを負うことになる。「電磁波の生体影響をもっとも強く受けるのは、成長細胞 (妊婦.胎児…)」

ニューヨーク州立大学教授 ロバート.ベッカー博士(米国)

ロバート・ベッカー博士は断言します。

さらに博士は電磁波の10の有害性を挙げます。

①発ガン作用

②ガン細胞の成長促進

③成長細胞に悪影響

④胎児の異常発育(催奇形性)

⑤神経ホルモンの変化

⑥自殺・異常行動

⑦生理リズム阻害

⑧ストレス反応

⑨免疫機能の低下

⑩学習能力の低下

神経細胞に電磁波を当てるとカルシウムイオンが溶出するーーー。

これは証明されている現象です。

磁場強度(ガウス)と振動数(ヘルツ)を組み合わせるとリチウム、ナトリウム、カリウムなどのイオンに、さっき言った「サイクロトロン共鳴」現象を起こすんですよ。

これら電磁波による各ミネラルイオンの共鳴現象は、電磁波エネルギーがイオンの運動エネルギーに移行したことを意味します。

つまり、細胞内部のカルシウムイオンなどが電磁波エネルギーを吸収して、らせん運動回転を始め、細胞膜を超えて溶出していくのです。

これは、電磁波により神経細胞が損傷を受けたり、破壊されることを示します。

brain-1299830_640

そして、これは脳(中枢神経)の損傷につながります。

脳が電磁波エネルギーで損傷を受ければ、さまざまな精神異常、行動異常が起きるのも当然といえましょう。

高圧送電線の付近の住民は、自殺者が4割も多いという研究報告があります。高圧線の電磁波でセロトニンが減少し、自殺を引き起こしたんです。

べッカーは本当にすごいね、私が前にべッカーの本(クロスカレント)を翻訳したのは本当に誇りです。

確か42歳の時だったかな。

クロス・カレントは中古で一冊一万円くらいしてるみたいですよ。本当にいい本は量産してくれないことがあり、プレミアが付いちゃうんです。

【関連記事】

日本とヨーロッパの自然医療の違い

乳幼児の場合の急な発熱の時の対処方法

薬は石油から合成されているものが多いという事実

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

youjo-labo編集部
養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

電磁波はメディアの中で最後のタブーなんです
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る