「りんごは医者いらず!?りんごの栄養効果」

apple-1235366_640

リンゴは人類が初めて栽培した果物のひとつと言われています。

リンゴはアダムとイヴがエデンの園から追放されるきっかけとなった「禁断の果実」(諸説あり)や「金のリンゴ」などの、ギリシャ神話、ケルト神話や様々な伝説があります。「不老不死」、「長寿の源」と考えられていました。

そして「1日1個のリンゴで医者いらず」という有名な言葉は、1904年ミズーリ州セントルイスで開催された万国博覧会でミズーリ州の果物研究家J.T.スティンソンが生み出したと記されています。

【参考文献】 リンゴの歴史 (「食」の図書館)

実際リンゴはスーパーフードとして有名な果物です。

栄養素は有機酸(クエン酸やリンゴ酸など)その他にも、カリウム、食物繊維のペクチン、活性酸素を抑える働きがあるポリフェノール(抗酸化力)などが含まれており、健康や美容に様々な効果が期待されています。

りんごはこんな人におすすめ

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s

①便秘気味な人

②肌荒れが気になる人

③体重がちょっと気になる人

(ダイエット希望)

④アレルギーが気になる人

⑤風邪をひきやすい人

⑥コレステロール値が気になる人

⑦血圧が高い人

⑧心臓病や脳卒中、がんの予防にもなることが期待されている

・ポリフェノールの働き。

ポリフェノールはガンを引き起こすDNAの損傷が起こらないように細胞を保護する働きがあると言われています。

りんごの皮にもポリフェノールは多く含まれているからです。

そしてりんごに含まれているペクチンという成分が、増えすぎたコレステロールを吸収し排泄を促進してくれるのでコレステロール値が下がり、

そしてさらに、りんごに含まれているカリウムが、過剰になったナトリウムの排泄を助けるので血圧も下がると言われています。

【参考記事】

リンゴポリフェノールに寿命を延ばす効果(マウス実験で確認)

リンゴポリフェノールの様々な研究

論文を出されている医学博士の方にお話を聞いた時、企業などがスポンサーになっている論文はなぜそこの企業がスポンサーになっているのか考えて、それを踏まえて見ることも必要とおっしゃっていたので参考までにどうぞ。

ペクチンは何でいいの?

りんごに含まれているペクチンとはアップルペクチンという成分です。

このりんごの食物繊維が放射性物質、特にセシウム137の除去、排出、さらには、ガンの予防にも役立つと言われています。

りんごに含まれているペクチンは100g当たり0.40~1.30 (g)とこちらのサイトでは 株式会社イシハラ 書かれていました。品種によって変わるみたいです。

1ad69ea5b13e44cddbfdc26c2feeaa32_s

チェリノブイリの原発事故で放射能汚染食品を食べることで内部被爆していた子供たちに

アップルペクチン( Apple pectin )を与えたところ、セシウム137を体内から減らすことに貢献したという論文もありますが、

その効果を否定されている論文もあるのではっきりしたことはわかりません。

しかし、ペクチン自体には整腸作用があります。

それ以外にアップルペクチンの摂取によってヒスタミンが関与するアレルギー疾患の予防にも効果が期待されています。

「摂取開始前と比較して、摂取後の血液中のヒスタミン濃度が 24% 低下」

http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/fruit/2002/fruit02-14.html

↑の実験では「ヒト介入研究で摂取したペクチン含量はリンゴに換算すると6~8個分に相当する。」と書かれています。

毎日りんごを6~8個食べるとなると大変と言うよりも無理なので1~2個で良いと思います。もちろん毎日食べなくでもいいです。

こちら先ほどと同じ農研機構による論文にはりんごを1.5~から2個(三週間)食べていると中性脂肪が平均21%減少していることが発表されています。

他にも血液中のビタミンCも平均34%増加、ビフィズス菌の割合が15%増加、そしてウエルシュ菌(悪玉菌)が消失もしくは減少しています。

http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/fruit/2001/fruit01-11.html

(※上記の実験研究は被験者の人数がちょっと少ないかもしれませんが、目安にはなる貴重な実験だと思い掲載しました。)

アップルペクチンで腸内の老廃物や異物を便として排出することによって腸内環境の改善ができます。

腸内環境が改善されれば、血液は浄化され、きれいになり自己免疫力の強化に役立ってくれるという仕組みですね。

もちろん腸機能改善に役立つ物はアップルペクチンだけではありません。

日本の伝統食(玄米、野菜、海藻、味噌、醤油、納豆などの発酵食品)は全てその力を存分に発揮してくれます。

りんごはすごいというイメージは昔からありながらも、ここまですごい効果があるとは知りませんでした。

実際食べていてもそこまで体に効いている実感などは普段感じていませんが。りんごは大好きなので今後も積極的に食していきたいと思いますね

食べすぎには気をつけてください。

こちらもどうぞ☟

困った時の自然療法&家庭でできる農薬を落とす方法【りんご】
りんごの手当てとは・・・ 熱が出た時に整腸と解熱に効果がある。 腸や腎臓が炎症を起こしているような時はりんごが効くと言わ...

【関連記事】

【完全保存版】解毒作用を持つと言われている食べもの特集!

本物の味噌は万能薬!腸内環境を整える

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。たまに美容師。断食でアレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。
楽しく生きるをモットーに、断食や養生法も取り入れシンプルライフスタイルを目指す。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

「りんごは医者いらず!?りんごの栄養効果」
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る