【食の陰陽の世界】本来の食のあるべきすがた

湘南は茅ヶ崎にて妊婦さんも安心して通える、 自然派健康サロン『ごえん』を営んでいるサロンオーナーの「稲ケン」さんによる連載コラムです。

なるべく自然体で、生き生きと笑顔でいたいから。。

そんな想いから神奈川県は茅ヶ崎にて、マタニティ・産前産後の整体をメインに、どなたでも安心して通える整体サロン、自然派健康サロン『ごえん』を営んでいる【稲けん】です!!

今回のコラムは前回の続編です。今回も、これまたとっても大事な食べ物の陰陽世界を少し覗いてみましょう!

前回の記事☟

幸運を引き寄せる陰陽
湘南は茅ヶ崎にて妊婦さんも安心して通える、 自然派健康サロン『ごえん』を営んでいるサロンオーナーの「稲ケン」さんによる連載コラムです。 ...

私は思うのです。現代人の病の大半が食べ物が関係しているのではないかと。。

今の時代は豊食の時代です。言ってしまえば過食の時代なんですよね!

なんでも、どの国の料理でも、果物でも好きな時に好きなように買えます。

便利でとてもありがたい事なのですが、その食物が全て本物(農薬や食品添加物が入っていない物)ならいいのですが…現実は厳しいものです。

食べ物一つ一つにも陰陽が存在しています

食の陰陽では、動物性【陽】・植物性【陰】となります。

健康であり続けるにはなるべく【中庸】=バランスが取れてる状態である事が重要になってくるのです。

・わかりやすく、食物の陰陽表とその特徴を貼り付けておきますね!!

では先ず、頭にシーソーを思い浮かべてみてください…。

お肉や卵、まぐろなどの陽性食品と、砂糖もの添加物やアルコール牛乳などの陰性食品などのように、陰陽両極端な物を食べ続けるとシーソーの揺れは大きくなります。

確かに揺れが大きいと楽しいですよね?

食としたら美味しく感じます。しかし、あまりにその状態が続けば、しんどくなって疲れてきます。

シーソー自体もガタが来るのも早くなります。それが身体でも起こってしまうと言うことになります。

だからこそ、きちんと陰陽を見極めないと体の中は陰陽がめちゃくちゃになってしまい、訳がわからなくなり、ガタがきてしまい、訳のわからない病氣になってしまうかも知れません!!

食養は、皆さんに馴じみのある栄養学ではありませんから、栄養学がしっかり染みついている方には理解しずらく苦しいかもしれません(私もその1人でした)ですので、一つの考え方として参考になったらいいなぁ〜と思います。

陰陽表を見てみると、動物性は【極陽】になりますから、前回のコラムでお話しした「陽極まり陰生ず」からすると、【陰】を生み出してしまいますので、日本人には理想的ではないのです。

ですから日本人は、以前までは(地方にもよりますが)祝いの席以外ではあまり好んで肉を食べなかったのです。

その中で子を宿す女性は、お宮が血で汚れるからと言って、口にしなかっったと言います。

やはり、日本人は農耕民族である穀物菜食が合っているのだと思います。

その証拠に歯の形状が教えてくれています!

(*親知らずを含み)

・臼歯が20本(穀物をすり潰す)
・門歯8本(野菜や海藻を噛む)
・犬歯4本(肉を引きちぎる)

で形成されているんですよ‼︎さすが神様だよね。

でももし、どうしてもお肉が食べたい時には、生野菜サラダ【極陰】ではなく、付け合せにお肉の消化酵素になるジャガイモ・人参・玉ねぎなどを火を使って調理して、沢山食べて調和してほしいと思います。

そうしないと、「陽極まり陰生ず」で甘い砂糖物や、冷たいもの、アルコール、たばこ・・などを求めてしまい体にいつか悪影響を及ぼしてしまうかも・・しれません。。

焼肉屋さんで、デザートにアイスが食べたくなるのも、陰陽ですからあれは本能。(笑)

さて、料理とは基本的に植物性の【陰】をいかにして【陽】よりにして【中庸】に調理していくかが大きなポイントなのです!

その代表が『火』を使うこと

電気じゃないです。『火』です。

そして、日本が世界に誇る伝統的な調味料!!塩・味噌・醤油などの『塩氣』塩梅!!あとは、天日干し!など。

日本人の知恵は本当に素晴らしいです。

塩氣は、血液を造る元となります。ですからお塩は自然海塩がオススメです!!

巷で「天然塩」として売られている物でも自然海塩ではない物がいっぱいありますからご注意くださいね。

*工程で『天日・平釜(釜炊き)』以外のが書いてあるのは違います。

梅なんかは、3つの毒を消すと言われ(血の毒・水の毒・食の毒)1日一粒医者いらずとも言われていたそうです。とは言っても、ここで言う梅干しは塩分20%の本物の梅干しですよ!

また、味噌は『身礎』と言われて飲む点滴と言われています。

放射能にもいいと言うことで、チェルノブイリ原発事故の際には、日本から大量の味噌が送られたそうです。

いやーー、日本食は凄いです!

ですから、昔からある日本食のレシピはこの陰陽がうまく使われているんですよね〜〜

あっ、いきなりですが玄米はいいですよ!

陰陽から見たら理想な主食です。

中庸ですし、栄養バランスも満点ですし、栄養バランスが満ち足りるので一汁一菜でもよく、おかずがあまりいらなくなります。

また、良く噛むことで細胞も活性化されるし、ダイエットにもなります。

白米(銀シャリ)が食べられる様になった江戸時代には今より食が豊かではなかったので、脚気という病が流行ったといいます。

玄米が苦手な方は、ぜひ土鍋で炊いて見てください。とっても美味しく食べられると思います。

それと、よく離乳食についてお客さまから聞かれますが、離乳食などわざわざ別に作る事は無いんですよ。

玄米でも、分搗き米でもいいから、炊いてある物をお粥なり、すり潰したりしてお母さんの味を食べさせてあげてください。

我が家は始めの頃は、ママが100回噛んだごはんを食べさせてあげてました。それに、みそ汁の上澄みとかで充分です。

今は離乳食も便利になってますが、そんな物よりママが作った安全で安心な家庭の味を食べさせてあげてくださいね。

女性繋がりで言わせてもらえば、私は、ベビ待ちの方がサロンに初来院される際には、できるだけご夫婦でいらしていただいています。

もちろん、夫婦の協力が大切であり、ご夫婦の問題だからです。

そこで私は「今日から白米を玄米に切り替えてください。」と言います!

「やります!!」と旦那さんがすすんで言ってくるご夫婦は、赤ちゃんがやってくる確率が高いです。

しかし、「無理です!」とおっしゃったご夫婦は、赤ちゃんがやってくる確率が低いのが現状なのです。。

それだけ【玄米】のエネルギーが凄いのです!

・栄養満点
・体温を上げる
・超デトックス
などなど。

玄米は生きていますからね。。

それと、ベビ待ちの方は大概が血が冷えてしまっているので、今まで大好きだった砂糖の摂取はなるべく控えてもらいます。

夏場であれば、夏野菜も生では食べないようにおすすめ

後は、調理器具も大切です‼︎

陰陽表にも載せてますが、理想は土鍋です!

土鍋は土と水て火で出来ている自然の調理器具ですからね。低圧でじっくり炊いた玄米は、甘みがあり、もちもちして、柔らかく、冷めても変色せずまさに絶品です!!

また、土鍋は調味料いらずと言うぐらい本当に素材の旨みを惹き立たせ、美味しくします。

私は、煮物にほとんど醤油だけ! 酒もみりんはたまに少々、もちろん砂糖は使いませんよ〜〜

後は、鉄鍋!鉄鍋は女性にオススメですよ。鉄鍋を使って料理した物を食べるだけで、鉄分補給できちゃいますからね〜

ん〜〜それと・・・

電子レンジは、食の常識を変えました‼︎本当に素晴らしい発明です!

しかし、その反面恐ろしい物でもあります。もし人があの中に入ったら…チーーーーーーン。。です。

それで温められた物が果たして、身体にとっては、良いのでしょうか??

私もたま〜には使いますが…後は、皆さんの判断にお任せ致します。。

人は、生き物。一人一人体型も違うし、生活習慣も違う。それは、家族であっても違います。

ですから、食養には決まった分量はありません。その時の体調や状態で塩梅を変えていく。

汗を多くかいた日には、塩氣をきかせた物を。最後に、焼き塩を1つまみ!

それが、本当の意味での「料理は愛情」ではないでしょうか?

因みに、我が家のとある日の献立です。

・無農薬無化学肥料の土鍋で炊いた『玄米ごはん』

・1年以上寝かせた味噌と3年味噌などをブレンドした昆布出汁の具沢山『味噌汁』

・出汁で使った昆布を使って作った『昆布の佃煮』

・自家製ぬか漬け

・『ひじきの煮物』や、『切り干し大根』など。

私には、育ち盛りの子供がいますが、砂糖はもちろん、普段お肉は食べないですし、牛乳も飲んでいませんが、健康ですくすく育っています。

風邪を引いても、周りに比べて回復力が高いと思います!それは、粗食ではない【祖食】のお陰だと日々痛感しています。

【食】は人に良いと書きます。

本来、食は人を生きる為に、良きに導く物なのです。

食で養生をする【食養】

これは、本来の食のあるべきすがたなのでは無いのでしょうか…。私は、そう思います‼︎

陰陽。食の陰陽もまた、直ぐにはつかめないと思いますが、添付した陰陽表などを見ながら、普段の家庭の食卓に活かして見てください。

キッチンは、魔法の天然薬箱です!!

今日も、皆さまが愛と平和に包まれた、ステキな笑顔の1日になります様に…。
『Love × Peace × Smile』

【関連記事】

幸運を引き寄せる陰陽

『氣』という存在と元氣に(氣・血・水)論とは?

漢字から読みとれるメッセージ「米を食べて氣を養う」

稲谷 洋二(稲けん)

・自然整体師
・妊産婦整体師
・食養伝道家
・健康管理士
・調理師

料理人が祖母の病をきっかけに整体師を目指し、神奈川県茅ヶ崎にて、2007年にイナタ二健康整体を開業。以来、口コミを中心に人気を集める。

そして2017年、『love×Peace×Smile』をスローガンにボディケアから体質改善までを自然療法で行う、働く女性・ベビ待ち・妊婦さん・ママさん!を中心に、男性でも年配の方でも、み〜んなが安心して通えるからだに優しい自然派健康サロン『ごえん』を神奈川県茅ヶ崎にOPEN‼︎

生理痛・生理不順・子宮病・不妊などの悩み。また、切迫早産・逆子・などの妊娠中の方。
そして、産後の骨盤調整や乳腺炎・腱鞘炎・肩こり、腰痛、関節炎などお任せください。
また、(食養料理や手当て法)のセミナーや、親子で参加できるイベントも開催が決定しています!

お気軽にお問い合わせください。

(HP)
http://www.inaken253.com/

(Facebook)
https://www.facebook.com/www.inaken253.jp

(LINEブログ)
http://lineblog.me/goen2017ina

youjo-labo編集部
養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

【食の陰陽の世界】本来の食のあるべきすがた
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る