衣類の締め付けから解放すると体が本来の状態に戻っていく

株式会社K&P代表 空気パンツ考案者の長屋万由充さんにお話を伺ってきました。

前回の記事はこちらから→パンツなどの下着でウエストを締め付けると骨盤内臓器の血液循環が悪くなる

ーーー「空気パンツ」に変えるとオリモノが減るというのもよくあることなのですか?

はい、体験談でもよく寄せられます。

ゴムの入った下着など身体を締め付けるもので女性に一番影響があるのは、卵巣なんです。

オリモノを減らしたい場合は、まずはウエストにゴムがある下着や衣類、伸縮のある素材の下着や衣類をやめ、「空気パンツ」にまず変えてみてください。

そうすると自律神経の圧迫が無くなる為、卵巣が正常に働いてくれるようになります。

そして膣に当たる部分に化学物質の入ったケミカルのナプキン、オリモノシート、タンポンなど直接肌に当てることをやめることも大切です。

そうして体内に毒物が溜まらないようにしていくことによって、血流なども良くなり今まで体内に溜まっていたものを排出できるようになります。

そして卵巣のバランスも良くなれば、オリモノの量も自然に減っていくと思います。

ーーー体験者の方の声の中で空気パンツに変えてみたら「塩素の匂いのオリモノが出てきて、パンツが破れた」と書かれてたのを見てすごくびっくりしたのですが。

そうなんです。本人から伺いました。

子どものときからずっと水泳をやられていて、大人になってからは教える側として水泳をされていたそうです。

随分前に辞めていたようですが、空気パンツに変えてから塩素の臭いのオリモノが出てきてパンツ破れてしまったと言ってみえました。

体の代謝が上がり、自動的に体にたまったものを掃除しはじめるようで、体内に不要、不純なものが溜まっている場合は出すことが先に始まります。

一時的にオリモノの量が増えたり、茶色い色のオリモノが出たり、生理のときに、変な色の血が出たり、量が増えたりなどします。

そのため、だいたい皆さんそうなのですが、空気パンツのはじめの一枚目は結構消耗が激しかったりします。破れるまではいかなくても、早くよれちゃったりだとかしますね。

分かりやすく言いますと、例えば生理やオリモノなども最初の頃の体液は不純物が混じっているので、洗ってもなかなか落ちが悪くて、シミみたいに残ってしまったりします。

原因はゴムや締め付けがなくなり身体が正常になって起こる作用の一つと思われます。

今までの生活で、知らずに体内に何か有害なものが入る影響を与えるようなことをしていた場合、排出に時間がかかる場合が出てくると思います。

今までの生活を振り返ると、なかなか減らない理由もみえてくると思います。

空気パンツにして最初のころ、溜まっていたものが出てくるとパンツにつくと、どーしても洗濯しても落ちにくいですね。

落ちにくい経血は、不純な血などが体内に溜まっていたということです。

だから一番初めのパンツは消耗が激しかったりする場合もありますよと伝えてますね。

※経血の汚れの落とし方のポイント

アルカリウォッシュという洗剤を洗面器1杯の水の中に大匙1杯分溶かして、汚れたナプキンを一晩つけておくことで経血が浮いてきます。

翌日、普通に他のものと一緒に洗濯します。

そのほか排出期間中パンツに汚れが付かないように、空気パンツと股間の間に使っていないハンカチを縦長に二つ折りや三つ折りにして畳んでナプキンのように当てておいてあげるといいですね。

体を緩めてあげるとそれだけで排毒できるようになるんだよってわかってもらえたらいいなと思います。

不妊治療されてる方は、はじめ精神的にも追い詰められてる方もいて不安で仕方ない、いつも精神的に落ち着かないなど言われる方が多く、その中でも「すごい冷え性なんです」とおっしゃる方がほとんどです。

その方たちがはじめ空気パンツに変えると、最初の晩に足の先まで血が流れるのがわかったとか、体が温かくなってきたとか体温が上がった、気持ちが楽になって、心から楽しめるようになったなどと言っていただきます。

その数ヵ月後に妊娠したなど嬉しい報告も多々頂きます。

元々本来はほとんどの人にはそういった力はあるんじゃないのかなって思いますね。

それが衣類の締め付けなどによって、妨げられてるんじゃないかと思います。

寝るときも全裸で寝てみると分かりますが、体調が悪いときは寝ているときに自然に体が汗を出したりなどして調節してくれますよね。

体をちゃんと自分の力が出せるようにしておいてあげれば、勝手に体が本来の状態に戻してくれるということです。

ーーー素朴な疑問なんですけど、空気パンツや空気ブラに変えると閉経が遅くなったりするのでしょうか?

一旦閉経した人が、また生理が始まる人という方もいらっしゃいます。

更年期障害についての質問もよく受けるのですが、私自身今52歳で更年期という感覚がないんですよね。

もちろん体は変わってきますが、それで障害が出るというわけではないです。

身体が順当に変わっていけば、更年期というのは無いのではないかなと思いますね。

ちゃんと自分を労わってあげて、疲れたときには休むなど、予防医学のように常に自分を大事にしてあげてれば、体が変わっていくのに合わせてちょっとずついろんなことが変化していくだけのことだと思います。

あと、最近特に多いのが、若い子で2~3ヶ月生理が来ないという子が結構ざらにいるんですよね。その子達が、空気パンツに変えたとたんに生理が来てくれるようになったと言ってくれることがたくさんあります。

あんな小さいパンツですが、それだけ体に影響を与えているということですよね。

体っておもしろいと思うのが、一旦リセットしてあげると自分の体のセンサーが戻るので、自分の体で体感して確かめることができるようになるんです。

だからとりあえず1ヶ月は、体を締め付けるものをすべて遠ざけてみて、ゆるめてあげる。

それでその1ヵ月後にゴムなど締め付けるものを履いてみたり着てみたりしてみると、着た瞬間疲れてくるとか、気持ち悪くなってくるなど体が反応してくると思います。

体はとても素直です。

その後は自分で身に着けるものを選んであげるといいと思います。まずはセンサーを戻してあげることが大事です。

以前私が経皮毒を伝える仕事をしているときにもやっていたことなんですが、いろんな日用品から立ち込めてくる化学物質などは嗅覚を刺激されるので、鼻腔から脳に伝わり非常に危険なんです。

でも常にそういったものに囲まれていると麻痺して分からなくなってしまい区別ができなくなってしまいますよね。

その当時嗅覚をリセットするための実験としてやっていたのが、ヶ月間今まで使っていた日用品などすべてをダンボールにしまって押し入れの奥か納屋や倉庫にしまってみるんです。

その間安全といわれるものだけを使用してみて、その後1ヶ月経ってから自分でそのダンボールを開封してみるんです。

そうすると前までいいにおいと思って使っていたものが、石油の臭いを感じたり不快な臭いに感じたりします。

子供の場合もそうやって体のセンサーを戻してあげておくと、自分で買い物に行ったとしても、そのコーナーが臭いと感じ近寄りたがらないんですよね。頭が痛くなったりもしてきます。

そうすると親がこれは使っていいよ、これはだめだよと言わなくても子ども自身が自分で判断できるようになる。

ものを買ってくるのはお母さんだから、お母さん達にそうやって伝えていたんです。

家族を守るというのはそういうことなんじゃないかなと思っています。

ゴムの締め付けがなくなり身体が正常になることと同じで、まずは一旦リセットしてあげたら、自分自身の体が戻ることでセンサーになって選ぶことができるようになるから、まずはそこの状態に持っていってほしいですね。

選ぶ力を自分につけておいたらより人生が面白い

あとはそれぞれの生き方、人生は自由なので、やりたいことをやればいいと思います。

勝手にそうなったではなく、自分で分かっててやる。自分で選ぶこと。そうしたら悔いはないと思います。

私が常々思うことは、経験することは本当に大事で、今若い人たちは「失敗したらだめ」と刷り込まれてることが多く、経験することができなくなってしまっています。どんなことでもそうですけど、経験しないとわからない。

初めての国に行くことも、食べ物も食べて初めてこういうのなんだってわかりますよね。

その経験がすごく大事で、経験したことでわかるというのが醍醐味で人間は生きてるのだと思います。

ただ自分を守ることやいつも気持ちよくいれる状態にしてあげるという術さえ分かっていればいつもそこに戻ることができるから、あとは好きなことをやったらいいんじゃないかな。

戻る場所があるというのは強いと思いますね。

本来の自分の素晴らしさを取り戻して輝いて、幸せに生きる姿を見るのが楽しいし、自分も益々そうなりたいですね。

私がしたいことは何かなと考えたときに、やはり下着を通して「自分の本当の身体と心の力を取り戻してもらう」ということがやりたいので、今後さらにそこに力を入れていきたいと思っています。

人は皆、その人ひとりひとりの力がすごくあるので、たった一人でも本当に自分を取り戻して輝くことができれば凄い出来事だと思います。

その人がその人らしく輝くことでエネルギーが凄く出て、周りも変わってゆく。

変わるのはその人自身の力だから、私はそれを後押しする感じでやっていきたいです。

今までもイベントなどやっていましたが、これからは「ゲリラピクニック」という少人数だけどガチ(笑)で関わっていけるコアな集まりもしていきたいなと思っています。

イベント詳細はこちら☟をごらんください。

http://ku-kipants.com/event

ーー今後の空気パンツの展開はあったりするんですか?

今後は海外に出していこうかなとも思っています。

今の商品は生地の柔らかさを出すために、インドで織ってもらっています。機械が古いためその方が柔らかい生地になるんです。なのでインドで頼んでいます。

でも海外で発売するのは、国産の生地の方がいいと思いまして、ちょうど今国産で、軽くて肌触りも良く柔らかい風合いの生地がもうすぐ出来上がって来るところなんです

まだどうなるかわかりませんが、海外の人が驚いたら面白そうなので、今後やりながら考えていこうと思っています。

できることから、楽しみながらコツコツと続けるというのがいいなと思っています。

皆さんも是非自分の本当の力を取り戻して自分の人生を楽しんで共に生きていきましょう。

【関連記事】

本当の自分の身体と心の力を取り戻す【空気パンツ&空気ブラ】

パンツなどの下着でウエストを締め付けると骨盤内臓器の血液循環が悪くなる

株式会社K&P代表 空気パンツ考案者 長屋万由充

下着を変えることで誰でも本当の自分の体と心の力を取り戻してゆくことができます。

「自分の素晴らしさに気が付き、自分にしか生きられない輝く人生を送って頂きたい。」と願って空気パンツ&空気ブラの製造、販売及び身体と心が変わるコツや、人生を取り戻して幸せに生きる方法などを ホームページ、ブログ、facebook等にて発信中。

自分自身の身体と心の力の可能性に気付いてもらい、自分の中に新しい風が吹きますように!という思いで「ゲリラピクニック」と称したイベントを全国から依頼を受けて出張しています。

“身体を締め付けから解放することで心も緩み(解放され)、自分の素晴らしさがわかり、自然に自分を大切に出来るようになると、人生も変化します。共に楽しい人生を歩みましょう。”と語る。

HP→ 空気パンツ&空気ブラ

facrbook→ https://www.facebook.com/mayumi.nagaya.7

ブログ→ http://ameblo.jp/true-sexuality/

instagram→ https://www.instagram.com/kukipants.official/

youjo-labo編集部
養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

衣類の締め付けから解放すると体が本来の状態に戻っていく
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る