真の愛を持って「触れる」ことでぽかぽかと心も体も温まる

家庭でドイツ自然療法や手作りの暮らしを実践しながら、自然からの癒しを探求されている森 Wenzel 明華(さやか)さんによる連載コラムです。

ぬくもりを感じたくなる季節

日本でもだんだんとクリスマス色に彩られてきている様子は、インターネットのおかげで近くて遠いドイツでも感じることができています。

人恋しくて、ぬくもりを感じたくなる季節でもありますが、愛する人と静かに(もしくは賑やかに?)過ごす時間を大切にする季節なのかなと感じます。

地域によって多少異なりますが、私たちの暮らすドイツの地域もだんだんと寒くなってきて、厳しい冬が始まろうとしています。

今日はマイナス3度ほど。

朝起きると、朝もやと霜で真っ白の幻想的な世界が広がっていました。

今回、ホームステイに来てくださったのは、マッサージセラピスト歴16年のEさんでした。

我が家では来てくださった方を家族の一員として迎えます。

キャンドルの灯った食卓で、食事を共にして、一緒にクリスマスのシュトレンを焼いたり、ハーブティのブレンドなどもしました。

彼女は腰の痛い夫のために家族でできるマッサージの仕方を教えてくれました。ありがとうございます!

そこで家族みんなで、夫へのマッサージの練習をしました。

ヨーロッパではハグしたり、手をそっとつないだり、日本と比べて「触れる」という機会も多く、そんな習慣が自然に生活の中に溶け込んでいます。

また日本では「お手当て」という習慣がありますよね。手をそっと患部などにあてる、添えてあげる方法です。

愛を表現するハグとは少し形は違いますが、そっと愛を持って触れるという点で根底にある「愛」や「想い」は共通しているのではないでしょうか。

触れるということは、時として言葉よりも様々な想いを伝えることができます。

相方の肩を揉んであげたり、マッサージしてあげたり、触れている人も、触れられている人も。お互いが心地よくて、寒い冬には、ぽかぽかと心も体も温まります

マッサージをしながら、そして、子供達にもしてもらいながら、

日本の「触れる」文化はそっと優しく、ヨーロッパの触れる文化は直接的でわかりやすくて、どちらも素敵だなと思いました。

木枯らしの吹き始める寒い冬、クリスマスのイルミネーションが煌めくこの季節、真の愛を持って「触れる」ことを意識してみてはいかがでしょうか

ヒルデガルトファミリエというサイトができました。家庭で実践できるヒルデガルトの自然療法キットなどを紹介しています。

https://www.hildegardfamilie.com/


メールマガジンをはじめました。日々の暮らしを綴っています。よろしければご登録ください。

ドイツの森から。野原から。世界のどこかの、小さな街角から。この宇宙の片隅から。旅先の屋台の椅子から。頭の中の妄想から。風にのせて、お届けします。
→ http://www.reservestock.jp/subscribe/66675


【関連記事】

自然療法の基本は心も体も「中庸であること」

ドイツハーブ療法の母、聖女「ヒルデガルト」を探る旅

オーガニックな人になりたい、 ドイツのビオ農場から。

森 Wenzel 明華(もり ウェンツェル さやか)

著書「ハーブ療法の母ヒルデガルトの家庭でできるドイツ自然療法

ホメオパシーってなぁに?「誰でも家庭でできる自然療法」がテーマです。

持ち前の好奇心と行動力でドイツでは、自然と共に生きています。

家庭で自然療法や手作りの暮らしを実践しながら、自然からの癒しを探求しています。

毎日の暮らしのブログ⇒ ドイツの森 自然療法でハッピーに!

ドイツでは自然療法ホームステイの受け入れもしています。

ドイツの自然の中でホームステイしてみませんか?

日本帰国時には、「笑いがいっぱい」な自然療法や自然と共に生きるセミナーを各地で開催しています。

FBページ⇒ ドイツの自然療法ホメオパシー・ハーブ便り

FBアカウント⇒ Mori Sayaka

youjo-labo編集部

養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。

 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

真の愛を持って「触れる」ことでぽかぽかと心も体も温まる
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る