無理なダイエットや過度なストレスによる体のSOS 【体験談】

ホルモンバランスはなぜ乱れてしまう?

tacos-245241_640

メキシコでの食生活は、タコス、肉、タコス、油、油、揚げ物をペロっと平らげるという食生活だったため、当たり前のごとく太りました。

私だけではなく、旦那さんも太りました。

サラッと12、3キロ太ってしまいました。

そして日本帰国、いろんなダイエットを試し、まずは食事量、カロリー制限、カロリー計算を必死にやり、食事量を減らしたため初めは痩せましたが、少し経ってストレスで食べたくなってしまいリバウンドしてしまったり、精神的にもしんどくなっていきました。

脂肪はビクともせず中々落ちてくれません、筋肉もすぐにはつかないので本当辛かったですね。

自業自得と言われてしまえばそれまでなんですが。食事制限、過度な運動はストレスが溜まり辛いものです。

少し痩せてもまた戻り、私の体も限界が来たのでしょう。

ホルモンバランスとは?

ホルモンバランスという言葉は皆さんよく聞いたことがあると思いますが、実際にホルモンバランスとは何か実感できているでしょうか?

ストレスなどで脳はすぐに反応してしまいます。脳と子宮は直結しているので、すぐに女性だと生理不順だとか婦人系の悩みに体が反応しやすいのです。

体をびっくりさせると、本当にバランスを崩していきますから注意ですよ。

自分の体が生命の危機を感じると脳が「非常事態だ!体を守らなければ」と判断し、私たちの命を守るために様々な機能をストップさせてしまうのです。

生殖機能はまさにその1つで、非常事態を感じた脳が、女性ホルモン系統の指令を止めることにより生理が不順になってしまったり止まってしまうのです。

まずは自分を守ろうとするために、子孫を残せる状況でもないため、自然と体が判断してしまうんですね。当然と言えば当然のことですよね。

分かり易く言うと、予告なく階段から突き落とされる感じに。

体もそれくらいびっくりしてしまいます。

生理が止まる主な原因

pregnant-244662_640

①妊娠している

②体重が急激に(大幅に)減った、または急激に増えたなど

※個人差があるので一概には言えませんが、一般に元の体重から10~20%ほど体重が減少すると生理が止まってしまうことが多いと言われているようです。

③BMI(身長からみた体重の割合を示す体格指数:体重kg÷身長m×2)の値が18を切ってしまう。

※女性の標準は、BMI18.5≦~25で、22あたりが最も病気などになりにくいと言われています。

④体脂肪率の減少(20%以下になると生理不順になる割合は20%以上だそうです。)減らしすぎるのは良くないと言うことです。

⑤逆に体重の急激な増加でもなってしまう

⑥スポーツのしすぎ

⑦脳、頭の使いすぎ

⑧ストレス過多

⑨冷えで血流が悪い などの症例も。

ホルモンバランス崩すと実際どうなるか?私自身の体験談と照らし合わせて解説していきたいと思います。

皆さんも思い当たる節がある場合は即環境を改善されることをオススメします。

※過度なダイエットされてる方は中断する、仕事上のストレスを抱えている方は、休息をとってあげる等。リラックスして脳を気持ちよくしてあげましょう。

間違ったダイエットは本当に危険!

もちろんみなさんも人生の中で大なり小なり一度はダイエットの経験をしたことがあるのではないでしょうか?

私も過去散々ダイエットを繰り返してきました。

初めは、皆さんと同じようにテレビの情報であったり色んな本やサイト読みあさり、できるだけ短期間で一気に痩せたくて

置き換えダイエットや食事制限、カロリー制限、ビリー入隊やコアリズムをやってみたり、ハードな運動スケジュールを立ててそれらをこなそうと必死になってみたり。

私はメキシコ生活で急激に太ったため、帰国後メキシコから持ち帰ってきた身についた脂肪の塊を意地でも無くすため、人生最後のダイエットにしてやると意気込み、過去にやってきていたようにまず置き換えダイエットから始まりカロリー制限をし、そしてハードな運動スケジュールを組み実践しはじめました。

それでも少し体重は減っても硬く固まっている脂肪(肉の塊)は一向に減らず…

本当に気がおかしくなるくらい毎日で凹んだり、まぁ普通に元々性格的にはテンションは高い方なんですがその時は、もぅ上がったり下がったり普通じゃない精神状態になっていました。

食事制限も運動も毎日しないといけないと言う「強迫観念」

もぅデブな自分が本気で嫌だったから、気合いですよね… たまに発狂しながらそして泣きながら。

急激に太ってしまったり、ハードなダイエットをした結果、待ち構えていたのは・・・

急速にそして急激にホルモンバランスが崩れだしてしまったのです

その時の私の体内変化…何かおかしいと思ったいつもとの違い。

皆さんもこんな症状があったら、脳や体は危機を感じています。

ホルモンバランスが崩れた時の症状【私の場合】

①急に寝汗の量が、尋常じゃないくらいに出始めた。

全身本当にビショビショ。もちろん布団もビショビショ…。布団にちょっとした水溜りができてしまったような感覚でした。

②足裏、特に足の指の裏側がびっくりするくらい紫色に!

この現象には本当に足の指が壊死でもしてしまうんじゃないかと思うほど不安になりました。

③普段夜中 目が覚めなかったのに、

布団に入った一時間半後、そして五時間後といった具合にだいたいいつも同じ時間に目が覚める様になってしまいました。

初めは、こういった感じの症状や変化が現れてきて、何だかおかしいなとしばらく疑問に思いながらも「疲れてる」んだな~なんて過ごしてました。

何日たっても一向に体調はよくならず、どんどん体も強張っていきだるさがすごかったので一度基礎体温を測ってみようと思い測ってみました。

基礎体温とは・・・

4874aeb73ad31e0ce1fbc473b77e8160_s

皆さんは自分の体温はどれくらいなのかご存知ですか?

女性も男性も自分の体温を知ることは大事です。

なぜなら、人間は36.5度以上の体温で正常に機能するようにできているからなんです。

でも今は食生活や運動不足、ストレス、環境問題など色々な問題で体温低い人がものすごく増えているのが事実。

私自身日に日に体調が悪くなっていったので、不安になり測ってみてびっくり、一番体調が悪かったときの体温は 34・60度ほどでした。

これは人の体温!? 完全なる低体温になってました。もしかして壊れてる?と思いましたが、壊れていませんでした。

これは最低の時の体温でしたが、他のときも35・68度などとにかく低体温でした。

ずっと体温を測っていた訳ではないので体調悪くなる前の自分の体温がどれくらいだったかはわかりませんが、きっと普通に36度ちょっとはあったのではないかと思います。

体温の目安

34度:溺れた人が救助された後、回復できるかどうかのボーダーライン

35度:がん細胞が最も増殖する

35度5分:日常的に続くと排泄機能の低下、自律神経失調症、アレルギー症状が現れやすい

36度:時々震えが出る(熱を産生しようと、筋肉を動かそうとするため)

36度5分~37度:最も健康的で免疫力が高い状態

引用:「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法  石原 結實 (著)

しかしその時は知識もまだなかったので、これヤバイんだよね多分…ってくらいの認識でした。

体温も低いし、寝汗の量も尋常じゃなく、足裏は紫色だし… これはちょっと私かなりヤバくない!?と無知な私も怖くなってきました。

ホルモンバランスの恐怖

先程書いていた症状が、ずっと続いていました。おかしいとは思いつつも日々は過ぎ…

しばらくして いつもは定期的にやって来る そう女の子の日も突然来なくなりました。

まさかの これまさかの 授かったかと?思いました。

旦那さんとも 「間違いない!!授かった~?」と二人で悦び。

満を持して妊娠検査薬を購入してみました。

fa5527f6dfb60e4da3d9ceee1adc4b04_s

しかし結果は・・・

「えっ!? 陰性 」

「ん!? 」

市販は反応しない事あるって言うからね…そうそうということで、病院に行ってみることに。

その間私はすでに妊婦の気になっていました。実際に、体の調子も妊娠初期の症状と一致していました。

寝汗びしょびしょ、足裏紫色、それらは引き続きって感じですが、プラス 感情的になり いきなり号泣したり怒りだしたり…かなりの情緒不安定な状態でした。

一番自分でびっくりしたのが今まで私は、チョコや生クリーム、あんこ、甘いモノ全般が食べれなかったのに「食べれる」「食べたい」ケーキを1日に一気に5個食べたのは本当に人生初めてでした。

ベーグルやパン等の小麦粉系も食べたしたら止まらず。

ダイエット中にカロリー制限をしていたことの欲求も重なり訳がわからないくらい食べてしまった日もありました。

さらに以前は手足は常に暖かい方だったのが、とにかく手足が冷たくなりました等々。いろんな症状が現れました。

人生初の体調の変化の嵐

実際にこんな風に私の体は様々な器官からSOSを出してきます。体は崩壊し始め、ついには精神も崩壊し始めていきます。

女性は特にキレイになりたい気持ちはみんなあると思います、私ももちろん同じです。

しかし無理なダイエットや過度なストレスはキレイになるどころか心も身体も蝕んでいくだけです。

depression-1347544_640

今やっている方は、辞める勇気を持ちましょう。こうなってからでは自分も大変です。

「私は無理してないから大丈夫」と思っていても必死になりすぎて体のSOSに気がつかない場合もあるかもしれません。

自分に本当に合ってると思うならいいですが、あなたの体も本当にそう思ってるでしょうか?

体の声や心の声を聞きながら、バランスを大事にしていきましょう。

【関連記事】

ホルモンの状態が正常かを判断する分かりやすいバロメーター【生理について】

「ホルモンバランス」の乱れた時の症状と処方されるクスリ

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。たまに美容師。断食でアレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。
楽しく生きるをモットーに、断食や養生法も取り入れシンプルライフスタイルを目指す。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

無理なダイエットや過度なストレスによる体のSOS 【体験談】
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る