「ホルモンバランス」の乱れた時の症状と処方されるクスリ

「ホルモンバランス」が崩れた時の症状とは。

私自身、ホルモンバランスが乱れた時、思い返せば とにかくすぐに疲れてました。

生活環境の変化のストレスや間違った食制限、ハードな運動等をした結果、

お出かけして、ちょっと歩いただけでも下半身がドッと重くなり、楽しんでるはずなのに顔が明らかに疲れてるという状態でした。

親しい人などから「疲れたの?大丈夫?」とか「楽しくないの?」「飽きちゃった?とよく言われてたのを思い出します。

些細なことですぐにイライラし、周りの人に、疲れたのがバレるのがすごく嫌で、ものすごく下半身がだるく重いのを我慢して 無理して笑顔作ったり…。

その時はひとつの動作など何やるにもイチイチ疲れてた気がする。

その頃同時に今まで嫌いで食べれなかった甘いもの全般(あんこ、生クリーム、チョコ、ケーキetc)急に食べたいわけでもないのに興味津々になってしまい、

今までの人生で一度もケーキを自ら進んで買ったこともなかったくせに、ケーキバイキングのメニューを見たり、スイーツのサイトを片っ端から毎日チェックするのが日課になっていました。

フライドチキンの食べ放題とかも気になって気になって仕方なかったな(笑)

脳が完全に崩壊しだしていたんだと思います。

こんな症状には気を付けよう!

①異常な寝汗

②下半身にドッとくる気だるさ、

③食欲異常

④苛立ち

⑤表情の強ばりetc

⑥あともちろん上半身の気だるさを感じる時もあるけど、

特に私は肘から下がだるーんって感じになるくらい重く感じてました。

あと手のひら(母指球 )も気だるい感じです。

顔もだるく笑顔を作るのもしんどいときは顔つぼなどもよくやっていました。

名称未設定 1

私の場合、特に

⑥せいめい

⑦どうしりょう

⑧きゅうご

⑨承泣

⑩四白

が、だるおも(ダルくて重い)になっていました。

異常行動

そして、そんな中ちょっとしたパーティーがあり、ケーキを買いに行く事になってしまい。

今までケーキ屋さんに興味がなく、入ったことがあまりなかったからかまばゆいショーケースを見た途端、激しい衝動に狩られ、「好きなもの何個でも買っていいよ」と言われたもんだから、

人生初ケーキの大人買い!!

①塩チーズケーキ

②チョコシュークリーム

③コルネ2本

④ガトーショコラ半分

4個半ものケーキを一気にものの30分で食べ尽くしました…。

その時の光景を旦那さんは「食べてる時の顔が強ばっておかしかった」と言ってました。

sweet-bits-1027106_640

食べた後の体の反応

食べてるその時はものすごく美味しく感じ食べてましたが、その後全身がかゆくなり、目も急にショボショボしてしまい、精神的に追い込まれた感覚に陥る。

血糖値の乱高下の症状も重なってしまったのかもしれません。

急激な過剰摂取で体がびっくりしたんだろうなと思います。

ずっと昔からケーキや甘いもの好きな人が食べる4個半と今まで人生の中で数回しかケーキ食べた事ない嫌いだった人が4個摂取するってのは考えたら異常ですよね。

以前書いたように、寝汗もびっくりするくらい凄かったけど、甘いもの摂取の欲求が異常になったのも私がホルモンバランスを崩した症状の特徴です。

ホルモンバランスが回復した2016年現在は昔のように嫌いだった頃にまた戻ったということはないですが、そんなに食べたいとも思わなくなりましたね。

colorful-1325265_640

ホルモンバランスが徐々に戻り始め しばらくした時は、甘いものはもぅそんなに食べなくはなったが、多少は欲していたので。

実際甘いものが、本当に好きになったから食べてるのか、ホルモンがまだ崩れて指令がおかしくなってるから欲してるのか…分からない状態ではありました。

(追記~2017年3月現在)

このとき以来チョコやあんこ、お菓子など甘いもの全般食べれるようになり、現在も普通に食べれますし、おやつ程度に食べています。

ホルモンバランスが戻ってくれ、大量摂取など異常な欲求は完全になくなりました。

女性は特に脳と子宮が直結しているため、ストレスや間違ったダイエットや無理して痩せるなどをするとすぐ顕著に体に現れます。

「とにかく痩せたい」などと必死になる気持ちはものすごくわかります。

でも体を壊すと本当に大変です!

心の鬱、体の鬱、生理不順、無月経無排卵、不妊症 等必ず体に不調として現れてきます。

ホルモンバランスの乱れから薬を処方される【プラノバール】

本当に妊娠してるのか、半信半疑な感じもあったのですが妊娠してたらと思うとワクワクでした。

例の産婦人科の診察台に上がり、検査。

doctor-1228627_640

先生即座に「陰性ですね、残念ながら妊娠反応ありません。」

妊娠していなかったということは・・・生理がもうかれこれ2ヵ月弱来ていないことに。

私は妊娠ではなく、ホルモンバランスの乱れから来る無月経だったのです…。

「無月経」とは

無月経(むげっけい)とは、女性に月経が3か月以上ない状態をいう。ここでは病的な意味をもつ無月経を主に取り扱い、初経前、閉経後、妊娠、産褥による生理的無月経に関しては取り扱わない。

・原発性無月経

生まれてから18歳の誕生日を超えても、一度も月経を経験していないこと。性分化異常や染色体異常など、根本的な生殖器の要素に起因することが多い。

ちなみに生まれて初めての月経のことを初潮(しょちょう menarche)または初経(しょけい)と言い、初潮の平均年齢は12.24±0.93歳[1]で、大部分は年齢で10歳から15歳の間に発生することが多く[2]もし16歳になっても初潮を迎えなかった女子は念のため婦人科を受診しておくことが望ましい。

・続発性無月経

いったん反復的な周期の月経を経験していた女性が、3か月以上月経がなくなってしまうこと。

体調不良、精神的ストレス、無理なダイエットや拒食症・過度のスポーツなどで体脂肪が少なくなりすぎた場合、薬の副作用等でしばしば起こりうる。

引用 Wiki

①原発性無月経 と②続発性無月経があり、32歳の私は、②に該当します。

*いったん反復的な周期の月経を経験していた女性が、3か月以上月経がなくなってしまうこと。

体調不良、精神的ストレス、無理なダイエットや拒食症・過度のスポーツなどで体脂肪が少なくなりすぎた場合、薬の副作用等でしばしば起こりうる。

そういう事なんですよね、先生に無月経の説明を受けている間、妊娠してなかったというガッカリ感で、ちょっとボッーっとしてしまい「無月経」の重大さが耳に入ってこず、

先生に「このままじゃ長引くと大変だから、お薬処方します。」と言われるがまま理解もせずにプラノバール(女性用ホルモン剤)を処方してもらった。

medications-257336_640

プラノバールとは?

女性ホルモンバランスを整え、女性特有のさまざまな病気や症状の治療や改善のために処方されている薬です。

【プラノバール添付文書情報】

http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00055276

(薬が処方される症状)

・機能性子宮出血

・生理不順、無月経

・月経困難症

・子宮内膜症

・生理開始日の調整

・卵巣機能不全 など

①生理のタイミングをとる役目

②妊娠しやすくするため不妊治療のために使われたり。

かと思えば妊娠しないようにするためのピルのような役目もあるそうです。

今の私ならクスリを飲むことや病院に行く選択肢はもちろん緊急医療以外のことならほとんどないですが。

その当時は、頭痛薬などの断薬はしてましたが、生理不順は別ものと考え、このままでは、妊娠出来ない体になる(不妊)と医師に言われたこともあり、怖くなり「クスリ飲まなきゃ治らない」と思い、言われるがまま飲み始めました。

どんなクスリでもそうですが、こちらで書いてあるように

鎮痛剤の依存性は思った以上に強い
完全に合法な鎮痛剤が違法な薬物よりも多くの死者を生み出している に書いてあるのですが、アメリカで薬物乱用で亡くなった人の死因ナンバーワンは、...

クスリにはリスクあります。

プラノバールも重い副作用はあります。

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s

例えば

・血栓症

①血液の凝固能亢進、②血流の停滞、③血管内皮の損傷)があるともっと高率に発生し、意外と身近なところで起こる、いのちに関わるとても重要な病気です。

引用 血栓症とは

血栓ができて、血管が詰まることで足の痛み、息切れ、胸痛、激しい頭痛、手足の麻痺、意識障害などが起こる場合もあるそうなので、その場合はただちに服用を中止して、病院で適切な処置を受けて下さい。

私は妊娠だと思い込み、お腹を大事に母になる気分ってのを一瞬でも味わえ幸せを感じたから良しとしよう…っと気持ちを現実に切り替えようと気丈に振る舞いました。

落ち着きを取り戻し考える。

「無月経」すなわち、ホルモンバランスの乱れ今まで現れてた症状は、これがだったんだ!と思い返す。

ここから、私はクスリに頼り無月経、無排卵、不妊治療に突入していきました。

続きはこちらに

断食で無月経、無排卵を克服(体験談)
前回の記事はこちらより☟ クスリによる無月経、不妊の治療方法の経過(実体験) クスリによる無月経、不妊治療の経過(私の場合) ...

【関連記事】

ホルモンの状態が正常かを判断する分かりやすいバロメーター【生理について】

無理なダイエットや過度なストレスによる体のSOS 【体験談】

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。たまに美容師。断食でアレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。
楽しく生きるをモットーに、断食や養生法も取り入れシンプルライフスタイルを目指す。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

「ホルモンバランス」の乱れた時の症状と処方されるクスリ
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る