日本の自然の美しさと自然療法【緑の力と自然の中からの癒し】

家庭でドイツ自然療法や手作りの暮らしを実践しながら、自然からの癒しを探求されている森 Wenzel 明華(さやか)さんによる連載コラムです。

みなさま、こんにちは今年の日本の夏は暑いですね。でもわたしにはこの湿気が心地よいです。

・・・現在、日本に一時帰国中です。

新幹線で、前半はあちこちワークショップ、お話会などで、移動したのですが、その道中、車窓からうっとりとみとれて、心がほっとさせられたのは、その山並みの美しさでした。

少し霞んだ夕方の風景にうかぶ日本の深い緑の峰々・・・

ときどき、あぁ、なんて心が落ち着く光景なんだろうって・・・涙まででてきそうになったほどです。

遠くに、近くに 連なる山並み。微かな光が山の向こうから指していたりして。

万葉集とか、百人一首とか・・・俳句にでてくる、そんな自然の風景をも感じました。

わたしたちの暮らすドイツの地域はオランダの近くですから、山がないのです!!

真っ平ら・・・な草原があちこちに広がっています。

それはそれで、壮大で・・・確かにいいものではあるのです。

ただ幼少期から、奈良との県境の大阪の田舎(シルクロードの終着点 竹内街道のそばの集落)笑

そして子育てした神戸でもずっと山のそばに暮らしてきました。

ですから山のない景色というのは、時に寂しく感じるものなのです。

ヨーロッパを旅していても、山のある景色を眺めるだけで(あぁ、良かった・・・)ってほっとします。

車窓から眺める日本の美しい山々・・・

最高の贅沢なんですが、日本に暮らしていた時は当たり前で気がつかなかったことの一つかもしれません。

そして時折見える海・・・

今回は、第二の故郷 神戸・・・福岡、広島から関東地方へは、山や海を眺めながらの移動やセミナーはほんとうに贅沢なものでした。

またセミナー会場も自然の中にある会場を中心にしたので、自然の力って大きいんだなぁとあらためて感じたのでした。

参加者のリラックス度が違うんですよね・・・・わたし自身も肩の力を抜いて参加できます。

「居場所」というのは、大切だなと感じました。

殺風景な場所でも、少し緑の観葉植物があるだけで、お花があるだけで・・・その場の雰囲気もずいぶん変えることができます。

今回はレッスンでは外から植物をつんできて、テーブルセッティングの時に飾ったり、あしらったりということもしました。

すこし緑があるだけで、ぱっとテーブルが華やぎますし、お料理ももっと生き生きします。

そうすると参加者のみなさまも顔も、ぱっと華やいでにこにこされているのが、幸せでした。

また木のぬくもりのある建物なんかだと、包み込まれている安心感がありました。

次回はそういう場所をもっと厳選したいな・・・なんて考えております。

緑の力と癒しは人間を救ってくれる

住まいも同じです。我が家は観葉植物だらけ。。。なんですが、時々、観葉植物たちが見守ってくれていると感じています。

植物はいつも静かに見守ってくれていて、静かに癒してくれています。

話しかけるように面倒をみていると、向こうも応えてくれます。

こんなに緑の力と癒しは人間を救ってくれているのに、人間って当たり前って思っているんだなあと。

日本の土地の場合は、特殊でやはり、山があるのに険しすぎて登れないというところもあるのでしょう。

もともと借景という素晴らしい知恵もあるのですから・・・

ヨーロッパは広葉樹の森が多いので、そういう森は散歩したり・・・ハイキングしたりといったことが気軽にできます。

だから自然に関する感覚が違うのでしょう。

ドイツの黒い森なんかは針葉樹ですから、やはり暗くてはいっていくとヘンゼルとグレーテルみたいに・・・森の中にのみこまれて・・・迷ってでてこれなくなるそんな怖さがあります。

なんて・・・いつも話が脱線しまくりですが、自然療法というのは、自然の中からの癒しを使う方法です。

フラワーエッセンスやホメオパシーなんかは目にみえない分野、エネルギーの領域にあります。

「自然」に生きられなくなったとき・・・不自然な状態になったときに、わたしたちの体は悲鳴をあげます。

悲鳴をあげているのは、体だけではなくて 心、魂の部分であることも。そんなときに自然を思い出させてくれる、

自然の状態に戻してくれるのが身体には、ハーブであったり、マッサージだったり、心や魂には フラワーエッセンスやホメオパシーなどの「波動」だったりするのだなと思います。

ということで、ちょっとバランスを崩したなって感じたら・・・・自然の中に出掛けて車窓から緑をみつめてみて・・・(ヒルデガルトも緑を見つめることをおすすめしていますよ)

それが難しいようでしたら、自然療法をとりいれてみてはいかがでしょうか?

ヒルデガルトファミリエというサイトができました。家庭で実践できるヒルデガルトの自然療法キットなどを紹介しています。

https://www.hildegardfamilie.com/


メールマガジンをはじめました。日々の暮らしを綴っています。よろしければご登録ください。

ドイツの森から。野原から。世界のどこかの、小さな街角から。この宇宙の片隅から。旅先の屋台の椅子から。頭の中の妄想から。風にのせて、お届けします。
→ http://www.reservestock.jp/subscribe/66675


(募集講座)「ヒルデガルト祭り」3人の講師での講座です。ヒルデガルト祭り 楽しく、聖なる時を過ごす。

(募集人数)10名ほど(少人数での和気藹々とした雰囲気の中での開催)

(講座概要)実習&実演

・ヒルデガルトの薬草ワイン
・ヒルデガルトスムージー
・ヒルデガルトティー
・ヒルデガルトエリキシール
・宝石オイル
・いろいろベジ&ロー おつまみ
・簡単&ヘルシー ロースイーツ
・スミレクリーム

※(材料調達により、一部変更もあります)

(受講料)早期割引   12000円

◆講座のご予約、お問い合わせは以下のメールアドレスまでご連絡ください。

tomoota@mtf.biglobe.ne.jp 太田知子まで

お名前、携帯番号、「ヒルデガルト祭り」受講希望の旨をご記入頂きお送り下さい。

(講師紹介)

講師:長谷川 弘江 先生 ヒルデガルトヘルスケアアドバイザー 。薫香セラピスト。ヒルデガルトフォーラムジャパン副代表。主な監修・著作に「改訂新版 癒しのお香」「癒しのお香」「日本のハーブ事典」「絵師で彩る世界の民族衣装図鑑 」など。

ヒルデガルトへの愛と知識を兼ね備えた弘江先生とともに実習を楽しみます。

講師:太田 知子 先生

ローフード・ベジフード エキスパート

「健康に美しく」をモットーに!ローフード、スーパーフードで色とりどりの野菜や果物が、芸術品のような素敵な一品に!お家に帰ってからも、簡単にできる おつまみやデザートなどを実習します。

講師:この連載コラムの筆者である私、森 Wenzel 明華(下記プロフィール)

超・お得で楽しい集いにしたいと思っています。

セラピストのかたが、これからの ご自身のレッスンの中にもとりいれていただける特別な内容になっています。ぜひ、お越しください。

【関連記事】

あなたを守る盾になるのが「自分の頭で考える」こと

自然療法の基本は心も体も「中庸であること」

ドイツに息づく家庭でできる自然療法

555597

森 Wenzel 明華(もり ウェンツェル さやか)

著書「ハーブ療法の母ヒルデガルトの家庭でできるドイツ自然療法

ホメオパシーってなぁに?「誰でも家庭でできる自然療法」がテーマです。

持ち前の好奇心と行動力でドイツでは、自然と共に生きています。

家庭で自然療法や手作りの暮らしを実践しながら、自然からの癒しを探求しています。

毎日の暮らしのブログ⇒ ドイツの森 自然療法でハッピーに!

ドイツでは自然療法ホームステイの受け入れもしています。

ドイツの自然の中でホームステイしてみませんか?

日本帰国時には、「笑いがいっぱい」な自然療法や自然と共に生きるセミナーを各地で開催しています。

ヒルデガルトファミリエ⇒ https://www.hildegardfamilie.com

FBページ⇒ ドイツの自然療法ホメオパシー・ハーブ便り

FBアカウント⇒ Mori Sayaka

youjo-labo編集部
養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

日本の自然の美しさと自然療法【緑の力と自然の中からの癒し】
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る