ご存知ですか?イチゴの驚きの農薬使用回数

リンゴより多い農薬使用回数

「いちご王国」栃木県の平均農薬使用回数が52回、生産量第2位の福岡県で63回とかなり農薬が使われている。

全国的に見ても農薬使用回数は多いのです。

奇跡のリンゴでも有名な青森県では平均農薬使用回数が36回ということなので、イチゴはかなり農薬を使っているのがわかる。


希望のイチゴ

先日取材した自然栽培でイチゴを作っている野中さんを題材にした本を読むと、

元々、イチゴの旬は4~6月だったのだが、ショートケーキなどのピークがクリスマスになるのでそれに合わせるように旬もずらしていったのだという。

旬をずらしたので苗づくりから収穫までの期間が、これまでの約7ヶ月から1年を超えるようになってしまい、それで栽培期間が長くなって農薬の回数も増えていき、

後はビニールハウス内は自然とは違い、人工的に「春」を作り出すのだがその高温・多湿なハウス内は病害虫にとって住みやすく、それにともない農薬も増えていったみたいです。

67f5901e372b0a75078438b9a6229bfe_s

収穫前日まで色んな農薬(60品目くらい)が使用ができるとも言われています。

元々、イチゴは好きな方の果物だったけどこれを知ってしまうと食べにくくなってしまう。

まぁそんなに頻繁には食べないんだけど。

食べる時もホコリを取る感じで水洗いするだけで食べていたし、しかも皮を剥かないフルーツなので余計に農薬が気になります。

最近でも日本のイチゴの残留農薬が強すぎて、台湾に出荷できないというニュースがNHKでやってたみたいです。

f083fa3be32074a90435b7037f427b43_s

今、NHK見てるんだけど、日本のいちごが残留農薬が強すぎて台湾に出荷できないて。。なんだそれ。

農薬使用量が台湾の基準の200倍だって。。あと、みかんは同じ理由でEUに輸出できないから、日本販売用とEU販売用で農薬の量変えてるって。

引用:NHKニュース「日本の農産物は残留農薬が多すぎてEUや台湾には出荷できない。

日本の農薬使用量は中国、韓国に次いで世界3位(2010年グラフ)というのは結構知られてきてはいるのかな?

3

野中さんが作っている自然栽培のイチゴは、味がいいのは勿論なんだけど、値段も高くなくてスーパーで売っているものとあまり変わらない買いやすい価格(時期によって変動)で、売っているところがすごいですよ本当に。

「お金に余裕がある人だけでなく、誰もが安心・安全なイチゴを買えるようにしたいと思っています」

自然栽培(無農薬・無肥料)の美味しくて安全なイチゴ
農産物に多量の農薬と肥料が使われているのが常識となっている中、イチゴの無農薬・無肥料栽培(自然栽培)は”最も難しい”言われてきた。 イ...

確か奇跡のリンゴで木村さんが本で書いていたんだけど、自然栽培の野菜や果物が普通の値段で売られるようになれば、今、農薬を使っている一般栽培の人も自然栽培に変えざる負えなくなってくる。

なぜなら、同じか少し高いくらいの値段だったら間違いなく自然栽培を選びますからね。

有機栽培もいいんだけど、値段はやはり高いし、硝酸態窒素の問題もある

減農薬だと農薬の撒く回数を減らして、その分、量をいっぱい使うなどのトリックがあったりするみたいです。(もちろんちゃんと減農薬でやっているところもある)

後は、一般栽培のイチゴを買って重曹、ホタテの貝殻から作られる粉(市販)などで農薬を落とすのもいいと思います。

でもやはり自然栽培が一番いいんじゃないかと個人的には思っていますね。

【関連記事】

自然栽培(無農薬・無肥料)の美味しくて安全なイチゴ

自然栽培のイチゴは腐らず枯れる(有機栽培との違い)

農業は植物だけではなく人も育てる

愛知県生まれ。以前メキシコで飲食店経営、足つぼマッサージ師、動画(PV)制作などを経験。養生ラボでは、薬に頼らない生き方、体質改善の方法、実体験談を語っていきます。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

ご存知ですか?イチゴの驚きの農薬使用回数
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る