体に悪い食材あまくない砂糖の話。

あまくない砂糖の話

JaPz06uJ

出典:https://www.youtube.com

監督自らが実験台となり、1日にスプーン40杯分の砂糖を摂取し続けるとどうなるかを記録したオーストラリアのドキュメンタリー映画『あまくない砂糖の話』が2016年春、日本公開しています。

この予告によると1日に現代人が摂取する砂糖の量はティースプーン40杯といわれているらしい。

なので監督が自ら60日間「1日にスプーン40杯分の砂糖を摂取し続ける」実験をするとどうなるか?という内容なもの。

僕は小さい頃から根っからの甘いもの好きでして、砂糖が体に悪いと知った今でもたまに食べてしまうんですが、前に比べてたらかなり減りました。

food-791130_640

実家には絶対何かお菓子はありましたからね、なのでほぼ毎日食べてたかな~ 大人になっても平日は少しずつ食べて週末とか休み前はガッツリ食べてました。

それに+ジュースはかなり飲んでました。レッドブルとかデカビタC、CCレモン、ファンタなどなど。

かなり甘いものジャンキーでした(笑)一日1~2食生活始めてから、その関連の本を読むようになって砂糖が悪いってのを知りました。

それからは前に比べると減ったかなとは思います。

砂糖は数ある食品の中でも「最強に近い毒」と言われていますし、

砂糖は、「この世でもっとも古い歴史のある覚醒剤」とまで言われてます。

16世紀のヨーロッパでは、砂糖は金と同等の価値を持っていたみたいです。

それだけ貴重で欲するものって事は依存性があったって事ですね。ヨーロッパの貴族は砂糖が好きだったから、みな虫歯だらけだったみたい。

特に白砂糖はミネラルをまったく含んでおらず、代謝の過程で体内のミネラル、特にカルシウムやビタミンを使ってしまう。

いわゆる栄養泥棒みたいな感じです。

白いものは基本的に精製されてるのが多いので栄養がほとんど残ってない状態。白米、小麦粉もそうですね。精製する事によって栄養も取ってしまう。

しかも精製する事によって中毒性が高くなるみたいです。

alkaloid-1300270_640

コカインの原料のコカも古くから利用されていて、強い中毒性はなかったみたいですが、コカを精製してコカインにすると、高純度になり脳に効率よく到達できるようになり、中毒性が高まってしまう。

コカをコカインに精製して精製度が高くなるほど非常に高い習慣性が生まれ中毒になっていくんです。

なのでよく言われてるのが、色がついてる方がいいって事で、例えば米なら白米より玄米、白砂糖より黒糖、パンなら全粒分のパンなど。

だったら砂糖の場合は黒砂糖、てん菜糖、三温糖だったらいいのか?って話になりますが、三温糖はカラメル色素を加えて色をつけ酸化させた砂糖とも言われているので、よくないですね。

acdd469af97725d35a909fa73788966a_s

アメリカには  sugar is sugar (砂糖はしょせん砂糖にすぎない)という有名な言葉もあるみたいです。

例えばまだ良いとされる黒砂糖、粗糖、はちみつ、メープルシロップであっても血糖値を上げてしまうので白砂糖よりはまだビタミンやミネラルがあっても一緒ですよとのことです。

個人的にははちみつとかメープルシロップはまだマシだと思うし、白砂糖よりも黒砂糖、粗糖を選びますが、出来るだけやめたいというより減らしたいとは思っています。

普通に売っているお菓子はだいたいが白砂糖なので、たまには食べることはあります。

特にマクロビの人達は白砂糖は絶対に悪で避けるけど、メープルシロップや黒糖ならOKというロジックで結構な量を使ってたりするので、やはりそれは良くないと思いますね。

基本的には砂糖類は少なくしたいです。

「砂糖を過食すると、糖尿病、虫歯、動脈硬化症、低血糖症、胃弱、小児の癇(かん)などの病気の遠因となることは、医学的に分かりきっている常識」(郡司篤孝「有害な子ども食品」)

現代人に増えているキレる脳や、イライラ、うつ病は砂糖のとりすぎが原因とも言われていてなぜかというと”低血糖症”になるからなんです。

砂糖をとると血糖値が急上昇してそれを抑えるためにインスリンが大量に出てきて、急降下する。

これを血糖値の”ジェットコースター現象”と呼びます。そうすると副腎がアドレナリンを出す。これが別名”怒りのホルモン”こうして攻撃的になりキレる脳になるんです。

violent-1166556_640

アメリカの犯罪者の9割近くがこの”低血糖症”だったとも言われていますしかもこの”低血糖症”が悪化すると総合失調症やうつ病にもなるとさえも

これは糖質にも言える事で、特に白米、小麦粉などの精製されたものはGI値が高いのでいきなり食べると低血糖になりやすい。

なので食べるときは最初に野菜などの食物繊維などを食べて血糖値をゆっくり上げることが必要になってきます。

アメリカの有機農法の父といわれ、栄養学の権威とされるJ.I.ロデール博士は

「砂糖をもし栄養だと言うものがあるなら、一度家畜に与えてみるがよい。たちまち病気になり死ぬ。百害あって一利なし。この毒物はむしろ地上から一掃したほうがましである」と言っています。

少しずつは断ってきたいと思います。

【関連記事】

砂糖無添加の美味しい【梅酒】かなりオススメです。

恐怖の麻薬「砂糖」&テキーラよりコーラの国「メキシコ」

『あまくない砂糖の話』予告


あまくない砂糖の話(字幕版)

愛知県生まれ。以前メキシコで飲食店経営、足つぼマッサージ師、動画(PV)制作などを経験。養生ラボでは、薬に頼らない生き方、体質改善の方法、実体験談を語っていきます。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

体に悪い食材あまくない砂糖の話。
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る