呼吸と自律神経の密接な関係【帝王切開術後の痛みと呼吸、産後ケア】

看護師や療法家を含む医院・施設専属のクリニカルアロマケアチーム タッチケアサービスさんによる連載コラムです。

「帝王切開と産後のケア」

今回は帝王切開について、産後ケアの視点からお話していきたいと思います。

日頃、産院で出産後のお母さんたちにアロマトリートメントを行っていると、帝王切開による出産が増えてきているように感じます。

それもそのはず、今は5人に1人の割合で帝王切開で出産する時代になっています。

帝王切開が増えてきている要因は様々ですが、女性の生活スタイルの変化や初産年齢の上昇などがあげられます。

またそれに伴い、妊娠による合併症なども増え帝王切開が選択されることが多くなっています。

もちろんこれらの理由だけではありませんが、お母さんと赤ちゃんがより安全に出産出来ることが何より重要になってきます。

~帝王切開になる理由~

帝王切開とは、何らかの理由によって経膣分娩が困難と判断されたとき、開腹して出産する方法の事を言いますが、帝王切開になる理由は実に様々です。

妊娠中に帝王切開が良いと判断された時にあらかじめ予定を決めて帝王切開を行うことを予定帝王切開といい、緊急的に出産が必要な時に行われるのを緊急帝王切開と言います。

予定帝王切開になるケースとしては、逆子(骨盤位)が多く、その他にも多胎妊娠や胎盤が子宮の入り口にかかっていたり、ふさいでいる状態の前置胎盤などがあります。

他にも、前回の出産が帝王切開だった場合などがあります。

緊急帝王切開になるケースとしては、なかなかお産が進まなかったり、赤ちゃんが降りてこないなど、初産婦さんで30時間以上・経産婦さんで15時間以上経過しても赤ちゃんが産まれない遷延分娩や、赤ちゃんが出てくる前に胎盤が剥がれてしまう常位胎盤早期剥離などがあります。

他には、赤ちゃんの健康状態に問題がある可能性がある場合など緊急的に行われます。

ここで挙げたケースはごく一部にすぎませんが、妊婦さんにとっては誰にでも起こり得る可能性があります。

現在は帝王切開の方が良いのか経膣分娩が良いのか、より正確に判断ができるようになってきているので、分娩途中から緊急的に帝王切開へ移行するケースも増えてきています。

その為にも、より多くの人が情報の1つとして知っておくことはとても大切なことだと言えます。

~術後の痛みと呼吸~

帝王切開の後は、全身の浮腫みや下肢の冷えなどといった症状がよくみられますが、なかでも術後の傷の痛みが辛いと言われる方が多くいます。

傷の痛みは徐々に落ち着いてきますし、術後の痛みのコントロールも積極的に行うようになってきていますが、痛みで思うように動けず手術の緊張がとれにくい時でもあります。

私たちは気づかないうちに、痛みがあったり緊張している時は自然と呼吸が浅くそして早くなってしまいがちです。

帝王切開を受けられた方は特に呼吸が浅い人が多い印象がありますが、これは傷の痛みや手術の緊張による影響が大きいと考えられます。

実は呼吸と自律神経には密接な関係があります。

ゆっくりとした深い呼吸は副交感神経が優位になり、逆に速くそして浅い呼吸は交感神経が優位になります。

その為、痛みや緊張により浅い呼吸が続くと、いつまでも体の力が抜けず緊張したままの状態になってしまいます。

そんな時こそ、香りによるリラックスやトリートメントによるリラクゼーションは心も体も軽くしてくれます。

実際アロマトリートメントを行うと、徐々に呼吸が深くなり気づくとそのまま眠ってしまわれる方がほとんどです。

これは優しく包みこむようなタッチングにより、副交感神経に働きかけ深いリラックスへと導いてくれるからだと考えられます。

深いリラックスは自然と呼吸も深くなり、術後の痛みの緩和にも良い影響を与えてくれます。

そして、心地よいアロマの香りを感じることは、気持ちの高ぶりや緊張も自然と鎮めてくれるのです。

産後のアロマトリートメント

産後のお母さんたちにアロマトリートメントを行っていると、不安な想いを抱えていたり、自分自身を責めてしまっている方に時々お会いすることがあります。

特に緊急を要する帝王切開などはすべてがあっという間で、気持ちの整理ができないまま手術になってしまうこともあり、術後もスッキリしない想いを抱えてしまいがちです。

そんな時こそ、自身のお産の振り返りはとても大切で、誰かに話をするだけで気持ちが楽になることもあります。

またそのような方にトリートメントを受けて頂くと、心の抑圧がとれ、自分の中にたまった感情をお話してくれる方がいらっしゃいます。

悲しい時や不安でいっぱいの時、背中をそっとさすってもらうと温かな気持ちになることがあります。

人の温かなぬくもりには不思議なほど人を癒してくれる力があります。

その優しいタッチングに触れる事で安心感や自己肯定感も高まり、自分の気持ちを表出するきっかけの1つにアロマトリートメントでお手伝いできるのではと思っています。

今は様々な出産スタイルがありますが、どれも命がけであることには変わりません。

そして周りの理解がなによりも大切です。

帝王切開についてより多くの方に知ってもらえる機会になればと思います。

タッチケアサービス 館山 亜希

【関連記事】

優しさや幸せな気持ちを高めてくれるオキシトシン【出産から産後にかけてのオキシトシンの役割】

暑邪により必要以上の大量の汗と同時に【気】を消耗させてしまう

大量の汗をかくことで【津液】や【気】を消耗すると皮膚のトラブルに繋がる

15065045_1462535900427990_1321106800_o

タッチケアサービス

看護師や療法家を含む医院・施設専属のクリニカルアロマケアチーム。出産直後の患者、延べ15.000件以上の症例等を保有。

西洋医学・東洋医学両視点からのケアを深めるための講座を開催。現場に則した内容の講義講座や勉強会を行う。

クリニカルセラピストを目指す方、セラピストとして学びを深めたい方、また各療法家、医療従事者すべての方が対象で理論だけにとどまらず実践的かつ専門的に学んでいる。

また、様々なかたちで生活に取り入れやすいホリスティックライフ実践のための提案・ケアを一般対象にも行っている。

【touch care services lesson】

産院専属セラピストチームから産後ケアを学ぶ、年4回のホリスティック産後ケア講座開講中

詳細・問い合わせはタッチケアサービスHPまで → http://www.touchcare-s.com

FBも更新中 →  https://www.facebook.com/touch.care.services/

youjo-labo編集部

養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。

 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

呼吸と自律神経の密接な関係【帝王切開術後の痛みと呼吸、産後ケア】
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る