ウイグルの秘境でとれる自然のパワーがつまった天山はちみつ

自然医学で有名な森下敬一先生は御年88歳になられるですが、なんと87歳で21日断食をされたとの話を聞いて本当にビックリしました。

その時の話を船瀬俊介さんに伺っています。


森下敬一先生は30日断食した俳優の榎木さんと対談するのに私もやってないのは失礼だと言い21日断食をしたとおっしゃっていました。

ーーー87歳ですよね?

そうだね、87歳の時にやったんです。

ーーーそれは何断食なんですか?

その時は天山蜂蜜を少し舐めたと言っていました。朝鮮人参の花のみで作ったというものなんだけどこれはすごいね。

安くはないですよ。

だけどこれは力になりますよ。一個買ってみたんだけど1日にひとなめするだけでもパワー感じるからそんなに高くないですよ。

ひとさじ軽く舐めるだけでも違いますから。

だって飲み屋で飲むとそのくらい使ってしまうこともありますからね。それで二日酔いになってヘロヘロになるんだったら、安くはないけどこの天山蜂蜜はいいですね。

天山山脈のふもとでそれも朝鮮人参の花だけから日本蜜蜂が採取した蜂蜜なんです。

加熱処理もしていないからいわゆる生で酵素もすごい。先生はそれをなめながら断食したみたいです。

森下先生のところにあるんだけど、その話を聞いてすぐすっ飛んで行ったんだけど2個しかなくてギリギリで手に入れました。

そしたら森下先生がこれはあんまり大きな声では言えないんだけど、これをみんなが買っちゃうと僕の分がなくなっちゃうって(笑)

舐めてみるとこれは違うなって感じです。

僕はちょこっと舐めるくらいだから結構持ちましたね。


honey-1006972_640

天山蜂蜜

天山蜂蜜とは何か調べてみました。

天山山脈の2800mに位置する草原地帯、農業とは無縁の広大な草原に年間でわずか二週間ほどしか開花しない貴重な花、『党参(タンスン)』が自生しています。

古くから不老長寿の薬草として重宝されてきました。『森羅万象』の天山蜂蜜は、この『タンスン』からとれた蜂蜜です。

この党参(タンスン)が朝鮮人参の仲間みたいですね。

キルギスタンにほど近い、中国は黄河上流のさらに北。ゴビ砂漠とタクラマカン砂漠の狭間に、ヨーロッパとアジアを結ぶように山岳オアシスとして、天山山脈があります。

日本からは飛行機で上海か北京を経由し、新疆ウイグル自治区のウルムチまで飛び、ウルムチから小型の飛行機でイーニンへ行きます。

更にオフロード車で陸路を10時間。日本からは3日とかかる、まさに秘境の地で採蜜しています。

朝には燦々と太陽の陽が降りそそぎ、夜には煌々とした月の光が降り立つ大地。美しい野生薬草植物が生い茂り、多様性豊かな草原がどこまでも広がる。

高き山々からの雪解け水が、幾重にも折り重なる地層に時を巡り湧きいで、流れる場所。

そんな天山で採られた天山蜂蜜の極上の香りと味わいは、古来より稀少なものとして現地でも珍重されてきたと共に、ヨーロッパを中心とした王侯貴族に愛されてきました。

現在においても、天山蜂蜜のほとんどは、欧州貴族を中心に買い求められ、日本ではほとんど流通していません。

今般売られている蜂蜜のほとんどが、ミツバチたちが蓋(完熟)をする前に採蜜し、一気に加熱することで水分を飛ばし糖度を高められています。

効率は大変良いのですが、これでは蜂蜜本来の味や芳香、栄養素が変性するため、はちみつ本来の風味も滋養もなくなってしまいます。

「生命を紡いでゆく」という本能のままに行われるミツバチたちの仕事を、私たちはじっと見守りました。

森羅万象 天山蜂蜜は自然界の営みのままに生み出された蜂蜜です。

だからこそ、そこにはミネラル、ビタミン、有機酸、酵素、花粉、ローヤルゼリーやプロポリスなど、計り知れない生命のエネルギーが活きています。

引用:森羅万象

%e6%b7%bb%e4%bb%98%ef%bc%92-crop-u1938

出典:森羅万象

ここのサイトでは100gで3780円、600gで12960円で売っていますので値段は確かに高いです。

他にもあると思いますが多分一緒くらいの値段ではないかと思います。

ここで個人的に一つ気になったことがあったのですが、ウイグルでは中国政府の公式発表によると、核実験は水爆実験を含め1964年から96年までに46回行われているのです。

核実験の影響で同自治区のウイグル人を中心に19万人が急死し、中国国内の健康被害者は129万人にのぼると言われいて、さらに、シルクロードを訪れた27万人の日本人旅行者も被爆している可能性があるとも言われています。

核実験の場所は地図を見るとウルムチのもっと右に行ったところなので、この採蜜地とは結構離れているので大丈夫とは思います。

採蜜地:(ウルムチから小型の飛行機でイーニンへ行き、更にオフロード車で陸路を10時間ほど離れている)

核実験で有名な新疆ウイグル地区の放射線量を測ってみた

↑こちらの記事では「ST 家庭用放射線測定器 エアカウンター」でウルムチ近辺を測ったところ計測結果はすべて0.10~0.13μSv/hの間であり観光するには問題のない放射線量。だったとも書いてあります。

値段は張りますが、是非一度は味わってみたい逸品です。

【関連記事】

【自然療法】中耳炎などに効果的な手当て法(野草ユキノシタ編)

困った時の自然療法&家庭でできる農薬を落とす方法【りんご】

愛知県生まれ。以前メキシコで飲食店経営、足つぼマッサージ師、動画(PV)制作などを経験。養生ラボでは、薬に頼らない生き方、体質改善の方法、実体験談を語っていきます。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

ウイグルの秘境でとれる自然のパワーがつまった天山はちみつ
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る