バレンタインに保存料、着色料、香料を使っていない健康スイーツ

今日はハッピーバレンタインと言う事で、妻からチョコレートをもらいました。まあぶっちゃけなんで日本でバレンタインを祝うの?って感じですけどね、、

そもそもチョコレートを渡すのも日本独自らしくて海外では恋人や友達にカードや花束、お菓子などを送るそうです。

で、なんでチョコレートをあげるようになったかと言うと1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりだそうなんです。

つまり企業がチョコレートを売りたかっただけなんですね。

前に住んでたメキシコでは基本男性から女性にカーネーションあげてましたね。後は友達同士や家族で電話したり、メールだった覚えがあります。

そんなわけで、チョコレートをもらったんですが、普通のチョコレートは砂糖やら食品添加物が入ってるんで自分のリクエストでこれにしてもらいました!

ハッピーデーツ デーツ&カカオ

13 14

原材料

デーツ、カカオマス、赤糖、アーモンド、濃縮デーツ果汁、ココアパウダー、ヘーゼルナッツ、食塩

栄養成分 1個(25g)あたり
エネルギー 100kcal 糖質 14.7g
たんぱく質 1.4g 食物繊維 1.7g
脂質 3.7g ナトリウム 11mg

16 15

日本のマクロビオティックの第一人者、西邨マユミさんとUHA味覚糖が共同開発した究極のナチュラル食品。

鉄分、カリウム、マグネシウム、食物繊維が豊富なナツメヤシの実「デーツ」を主成分にしたプチマクロスイーツです。

プチマクロとは、誰でも手軽に続けられるマクロビオティック(未精製の自然に近い状態のものを食べる食事法)のこと(西邨シェフ)。

ハッピーデーツは、100%植物性原材料仕様、保存料、着色料、香料オールゼロ、アレルギー特定材料不使用(厚労省の定める特定27品目)!

普通のチョコレート食べるよりまだマシでしょ!?という事で最近ハマっています(笑)バレンタインじゃなくても食べてしまいます。

味は普通に美味しい。デーツの甘さが強いからなのか72%のチョコレートより甘いかも。まぁ赤糖も入ってますからね。

赤糖は、黒砂糖と並び含蜜糖に含まれる。上白糖やグラニュー糖などの精製糖と比較して精製を抑えており、さとうきびの味と、独特の甘味を残している。

赤糖

デーツだけでも食べたことあるけど、かなり甘さがあって本当に黒砂糖みたいな味なんです。

砂糖がよくないのは 体に悪い食材 危険な砂糖の話。 この記事にも書いたけど、やっぱり食べたくなるんだな~まだまだ。

そんな時は普通のお菓子よりはかなりマシだと思うんでかなりオススメです。一個94円だし財布にもやさしいハッピーデーツ! 食べ過ぎたらモチロンダメですけどね。

最近、近くのドラックストアで見つけたんだけどその店にしか売ってないしあんまり売ってないのかも。

オススメはデーツ&カカオ味 かなりチョコレートです。

by カエレバ

【関連記事】

白砂糖はあなたの体を壊す

砂糖の代わりに「煮切りみりん」

井村屋のあずき缶の砂糖の量は?

愛知県生まれ。以前メキシコで飲食店経営、足つぼマッサージ師、動画(PV)制作などを経験。養生ラボでは、薬に頼らない生き方、体質改善の方法、実体験談を語っていきます。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

バレンタインに保存料、着色料、香料を使っていない健康スイーツ
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る