白砂糖はあなたの体を壊す

kouda

甲田さんは、かなりの甘党だった

断食博士として有名な西式甲田療法の甲田さんなんですが、かなりの甘党だったんです。

僕もかなりの甘党で小さい頃からかなり食べてきて、今でも食べますね。(量も減ったし、まだ良いものを選ぶようになった)

でも甲田さんはかなりやばくて、元々、甲田さんの家が大の甘党一家で家族全員はもちろん、親戚もみんな甘党で、お酒を好きな人は見当たらないほどらしい。

甲田さんのお父さんに関しては、いつも氷砂糖をほほばって食べているほど甘党みたいだったんです。

food-315452_640

甘いもので体が悪くなる

この本では白砂糖が悪いとなっていますが、確かに白砂糖は精製されているので特に良くないと思いますが、他の甘味料も例えば黒砂糖、メープルシロップなども摂り過ぎたらよくないし、基本的には血糖値を一緒くらい上げるので少なくするのがベストですね。

そしてそんな家庭なので甲田さんも小さい頃から甘いものが大好きで、それがきっかけで体がかなり悪くなり、そして西式療法や断食に入っていくんです。

大学生の時に医療から見放されるくらいだった。

甘いもの(砂糖)が元凶だとにらみ、やめようとするんですか、どうしてもやめられない。

断食をやり生菜食をたべ西式の運動をしっかりちゃんと毎日やりとげて、これで健康になるぞ!と希望が沸いてくるんですが、、

一旦甘いものを買ってしまうと、本能の動物と化しどんどん食べてしまい、絶望感におちいる。

そんな繰り返しみたいだったんですね。

本当にこれはわかるんだけど、抑えていて久しぶりに食べると多めに食べてしまうことはよくあります。

甘いものが体に及ぼす影響

甘いものが体に及ぼす影響を、甲田さんは見事なまでに自分の体で証明しています。

「2.3個と饅頭を食べているとまず鼻水がでてきて、咳が出だす。で、もっと食べていくと右膝と左足首が痛みだす。

そして熱を持ち出して、その頃には頭の前後にあたかもザルでもかぶったような変な気持ちになってしまう。」

そんな夜は必ずと言っていいほど夜中にビッショリ汗をかく。そして怖い夢をみてうなされるんだそうです。

まぁこれは甲田さんの実体験なのでみんながみんな当てはまらないとはおもうけど、確かにこのザルでもかぶったような変な気持ちになるというのは、砂糖などの甘いものを多めに食べるとなんとなくわかる気がします。

「そして次の日は肝臓部は痛くなり、倦怠感がすごく何もしたくなる。

特に冬場は翌日の寒くてしょうがなくなり、手足は氷のように冷たくなり、耳は霜焼けでただれ、鼻の頭は真っ赤になっている。」

sleeping-1159279_640

確かに寒くなるし、やっぱり砂糖のせいで血流が悪くなるからだろうね。

後は倦怠感はあると思いますね、ただ食べ過ぎる、とだけど少し食べたくらいではそこまで感じないです。

鼻が真っ赤になったことはまだないかな。

そして、どうしても甘いものを断てなかった甲田さんは毒をもって毒を制す方法を思い付いたんです。

簡単に言うと甘いものを止めずに逆に飽きるまでトコトン食べてやるみたいな感じです。

未練をたつくらいの気持ちだったんでしょうが、これはさすがに真似はできない、、でもそれだけ追い込まれてたんだろなと。

【続きはこちらから】

白砂糖はあなたの体を壊す2
【前回の記事】 まず好きな甘いものの種類を書きならべる。 するとこんな沢山あるんだとビックリしたみたいです(笑)それを一...

【関連記事】

本格みりんとみりん風調味料の違いとは・・

無添加アイスを買ったが・・還元麦芽糖水飴(マルチトール)?

愛知県生まれ。以前メキシコで飲食店経営、足つぼマッサージ師、動画(PV)制作などを経験。養生ラボでは、薬に頼らない生き方、体質改善の方法、実体験談を語っていきます。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

白砂糖はあなたの体を壊す
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る