経皮毒はデタラメなのか?本当なのか?

still-life-838336_640

経皮毒って本当にあるのか?

経皮毒は嘘、本当?よく議論されていますが実際のところわかりません。

しかし私自身の体験からすると経皮毒はあると感じています。

理由は、私は美容師をしていましたがカラーやパーマなどのカラー剤を日々使い皮膚はみるみるケロイド状態になり薬剤アレルギー、重度の接触性皮膚炎になりました。

詳しくはこちらから↓

手荒れの原因まとめ、皮脂などの大事な役割
日に日にひどくなっていくアレルギー症状 (※この写真は断薬してからの好転反応が出てきた時の実際の写真です。当時はこの写真とは比べ物...

経皮毒なんて「トンデモ」と言われてることもありますが、知っておいて損はないと思います。

経皮毒の話などは、TVや新聞などではそもそも話題になることはきっと今後も皆無だと思うので是非読んでみてください。

今後赤ちゃんを産む予定のある人は特に知っておいた方がいいと思いますね。

そもそも経皮毒とは?

skin-1200933_640

経皮毒とは、「皮膚を経由して入ってくる毒」を指します。薬学博士の竹内久米司氏と稲津教久氏が初めて使い広めた言葉だそうです。

そもそも私たちが外界から物質を取り入れる経路は3つあります。

①口から食べ物として取り入れる「経口吸収」=農薬や食品添加物などの口から入ってくる毒のこと「経口毒」と言う。

②呼吸により取り入れる「経気道吸収」

③皮膚から吸収される「経皮吸収」

今回はこの③「経皮吸収」を解説していきます。

皮膚からも有害物質が侵入してくる!

cosmetics-1367781_640

化粧品やシャンプー、歯磨き粉、洗濯洗剤などの日用品に含まれる有害物質が皮膚から吸収され、知らずしらずの間に体内に蓄積すると言われています。

もちろんこれだけが原因ではなく、複合的ではありますが。

近年増え続けているアトピー性皮膚炎や、各種アレルギー疾患なども、経皮毒が一つの要因ではないかと指摘されています。

経皮毒は、身近な商品から体内に入ってくる!

「経皮毒」という言葉は、薬学博士である竹内久米司氏と稲津教久氏が初めて使ったものといわれています。

fog-918976_640

もともと、農薬や食品添加物などの口から入ってくる毒は「経口毒」として知られてきましたが、同じように皮膚からも有害物質が侵入してくる可能性があるなんて本当に驚きます。

石油系合成界面活性剤や様々な化学成分どんなものか?

普段気にしている人以外は全く聞いたことないような名前のものばかりだと思います。

「羊水からシャンプーのにおいがする」というのは本当だった!
医学博士、池川クリニック院長。胎内記憶でも有名な池川明さんにお話を伺ってきました。 前回の記事はこちらから⇒私が「胎内記憶」に出会った...

経皮毒は、おもに日用品を通して体内に入ってきます。

本当に身近でたとえばシャンプーやリンス、ボディソープなどの入浴グッズのほか、洗濯洗剤や台所用洗剤、また化粧品や毛染め液、パーマ液、香水、歯磨き粉などが代表的だと言われています。

ステロイド外用剤の皮膚への吸収率を体の部位により提示

体の部位によって吸収率が違う(※腕の内側を1倍とした時の吸収倍率)

角質層の薄いところほど吸収されやすいそうです。

ステロイド外用剤の皮膚への吸収率なので、どのくらい変わるかはわかんないですが目安になるとされています。

名称未設定 1

【関連記事】

生理の不快な辛い症状を解消「布ナプキンのすすめ」

ホルモンバランスの乱れから薬を処方される【プラノバール】

「羊水からシャンプーのにおいがする」というのは本当だった!

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。ラジオコメンテーター、DANZIKIアドバイザー、たまに美容師。アレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。20Kgのダイエットにも大成功。内なる健康を目指し、断食や養生法を取り入れるシンプルライフスタイルの提案を行う。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

経皮毒はデタラメなのか?本当なのか?
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る