生野菜を食べると良い事づくし、免疫を上げ、冷え症も改善

生野菜を食べよう

929ad9f25c28a7048cd9df6d4a37a12a_s

野菜には、血液をきれいにする、血管を丈夫にする、免疫力を上げる、活性酸素の害を防いでくれたりなどさまざまな効果があるそうです。

それらの素晴らしい野菜の効果は、生で摂取してこそ、かなりの威力を発揮してくれるもののようです。

しかし生野菜ばかりそんなに食べていたら、体が冷えてしまうのでは?

夏はモリモリ食べていたサラダも冬の時期にはちょっと抵抗を感じてしまっている人も少なくないのではないでしょうか。

皆さんのイメージは、

「生野菜はからだを冷やす」

「生野菜を食べ過ぎてお腹をこわした」

「温野菜の方がからだにいい、消化にいい」などなど。

男性でも冷え性の方はいますが、女性は特に多いですよね。生野菜は体を冷やすとよく聞きますが本当はどうなんでしょうか。

633764996185ddf9008bbb23d76bfb8c_s

私も、以前はそう思っていました。陰陽的にはそう言われていますよね。

基本的に通ずる部分は多々ありますが私自身肉も魚も食べますのでマクロビではありませんが。

やはり食べ始めのころは特に冬だと冷えると思います。

実際私も冬に生野菜を毎日食べだした時は最初寒くて体も冷えてくるのを感じていたので本当に生野菜食べていて大丈夫なのか?と疑った時期もありました。

しかし半年(6ヶ月)くらい生野菜を食べる生活を続けると不思議と冷えも改善してくると言われていたので、信じて続けてみました。

※始める方は、初めは冷えるので冬は避けて、5月頃から生菜食を始めるといいと思います。

続けていると、次の冬には寒さをあまり感じなくなり、さらに半年もすると、不思議なことに冷えを感じなくなると言われています。

特に「陰性体質」の人が生菜食をすると、しばらくは冷えが強くなります。

私より断然旦那さんの方が冷え症がとてもひどいので、生野菜を食べて震えていた時もあったくらいです。

96993cd879f088f1b7a04361a7b7ecfb_s

しかしそんな時体内では今まで眠っていた冷えへの抵抗力が湧き上がって生野菜に適応できる陽性体質になれるようになるそうです。

生野菜が冷えると言われている原因

生野菜には、カリウムが多く含まれています。。

生野菜を食べたら、トイレが近くなったり下痢になったということもあるかと思います。

これは、生野菜にはカリウムも多く含まれ、水分も多く含まれているため一時的には体が冷えるかもしれませんが、カリウムのおかげで尿から体の要らないものを排出の手助けをしてくれます。

ずばりデトックス作用です。

【関連記事】

尿による排毒はすごい。半日断食の尿の毒の量について。

生菜食とは・・・

salad-1570673_640

生菜食とは、すべて火を通さない生のものを食べることです。

例えば現代医学で治療法がないと言われているような難病などが劇的に改善することもめずらしくないとも言われています。

西式甲田療法の甲田先生は、膠原病や筋ジストロフィー、関節リウマチ、C型肝炎などにも効果があると書かれています。

しかしその一方で効用などのしくみについては完全に証明はされていないそうです。

しかし生菜食や半日断食や少食という治療は、宿便を排せつするためにベストな方法だからだそうです。

【関連記事】

【保存版】ファスティング、断食の効能、効果のまとめ③

冷え症、疲労回復や美肌にも効果抜群の健康法「温冷浴」

「酵素」の本来の働きとは?【食生活の教え】

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。ラジオコメンテーター、DANZIKIアドバイザー、たまに美容師。アレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。20Kgのダイエットにも大成功。内なる健康を目指し、断食や養生法を取り入れるシンプルライフスタイルの提案を行う。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

生野菜を食べると良い事づくし、免疫を上げ、冷え症も改善
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る