患者さんがときめく治療をやらせてあげるのも大事【頭の中の治療】

『難病といわれてもあきらめない』をモットーに、ホリスティックな医療カウンセリングや断食指導などを取り入れられているみうらクリニック院長 三浦直樹さんにお話を伺っています。

前回の記事はこちらから⇒ミネラルバランスを超えたエネルギーの高いお水『月のしずく』

logo

ーーークリニックは何年くらいやられているんですか?

ここのクリニックはやり始めてから8年目です。医師になってからは、約20年くらいです。

ウチは全部の診察をまず、この応接室のようなカウンセリング・ルームでやるんです。パソコンもないので、検査データばかり見てはいないです。

多い時は患者さんのご家族含めて、8人くらい入られる時もあります。

お持ちされた検査データは見ますけど、基本的にはここでずっとお話しています。

今の病院は訴訟も多いので、起こりうる最悪のことを医者が淡々と説明しているので、患者さんにそのイメージをまず書き換えてもらうこと。

みなさんも無意識に映画とかテレビで見ているがん患者さんのイメージを演じだす。何か悲しく死んでいかないといけないとなってしまうんです。

ウチではそれをアカデミー症と呼んでいます。どんどんその深みにはまっている人には、『今のままでは、主演女優症の候補になってるからやめてね』ってお話させていただきます。(笑)

0a7bf7ae7c6be8f71d72b5c1e0be97ac_s

でもこれは本当にあるんです。がんになったら悲しく生きていかないといけないみたいなことになるんですが、そうではないと思います。

なんでこの病気を治したいんですか?とまず問いかけるんです。

病気というのは医者が言っているように、必ず悪くなっていくものではないよ、必ずしも医者の言うとおりになるわけではないよということを最初に言います。

この一回目のカウンセリングをうちのクリニックでは頭の中の治療と言っていまして、そこをクリーニングしてから、じゃあなんで長生きしたいの? なんでこの病気を治さないといけないの?と未来の目的を感じていただいて、

それからでは現実的にどうしていくの?と三段階のアドバイスをしていく感じです。

ウチは大それた治療器具も検査器具もないんで、僕の口から発する言葉が大切なんです。

まあビタミンCとかもやっていますけど、基本的には自分でも口ばっかりクリニックと命名しています。

自分の取り扱い説明書

466966

ーーー本にも書いてありますが自分の取り扱い説明書をつくるのがやはり大事になってきますね。

自分の機嫌を自分でとっていくことがすごく大事で、今の日本人はみんな人に認めて欲しいとか、そういう欲求がすごく強いんです。

でもみんな自分のことで精一杯で、中々、他人の事までしっかり認めている余裕がない。しかも人に認めてもらおうとしてもキリがないですよ。

うちのカウンセリングの中で、セルフトークという手法をオススメするんですけど、日本人は真面目なのでこの仕事をいついつまでに完璧にしないといけないと思うと、プレッシャーを感じます。

でも、そんな時は自分自身に『そんなのは誰が決めたの? そもそも完璧って何?人によって違うよね』って自分に突っ込んでくださいって言うんです。

『この人は私のことを嫌っているかもしれない?』などと、悲しい思いが出てきたら、『そんなのは聞いてみないとわからへんやん!』と自分に突っ込んでみてください。

人によって違うので、人と比べずに自分の中でけりをつける。ということをオススメしています。

人の評価で生きてしまうと本当にキリがないし、人の人生の価値は長ければ良いのかといったらまた別の話です。

a672ed0950cbac807531656f89335453_s

病気が本当に悪いことなのかと言う事も含めて。

長年、真面目にマクロビオティックや糖質制限、ゲルソン療法などをやってこられた方が、ご病気になられると『今までやっていた私のやり方が間違っていたんですか?』などと良く聞かれます。

しかし、どんなに節制しようと、生きている以上病気にはなります。別に罰が当たったわけでもありません。

みんな過去の原因を探し出すんですが、それはあまり意味がなく、結論が出ないケースもあります。

それよりは今から出来ることを考えましょうねってことです。

ーーーなんでもそうですがこの方法(断食、マクロビ、糖質制限など)しかないと思っている人の価値観はどのようにして変えたりするのですか?

僕は価値観を変える必要はないと思っていて、例えば糖質制限が良いと思っている人にはデータ見ながらですが、いいですよと言います。

効いている間は良いですよって言ってあげます。これは当然病気や症状にもよります。

糖質制限が嫌だと言う人にはこっちの方がいいですよと、だから人によって言うことが違ってきます。

これは有名な帯津先生式のやり方なんですが、患者さんがときめく治療をやらせてあげなさいというもので

その患者さんがこれをやったら良くなるんじゃないかと思っているんだったら、余程おかしなことでないかぎり患者さんの選択に従ってやらしてあげる。

5414

抗がん剤も効くんではないかと思っている患者さんには、この抗がん剤は効くらしいですよと僕は言います。

抗がん剤が嫌なんですって言う人には、やめた方がいいですよ、副作用が多いですからねと言います。

だからウチは患者が集まると言うことが全然違うので怒られると思いますね。

その帯津先生曰く『三浦式治療法』を押し付ける必要は全くない。

患者さんが選んでこれが効くんではないかと思っているなら、ある程度の一定期間ですが、そのときめいていることが大事なので、その治るかもしれないと思っているワクワク感を大事にしてあげることが大事かなと思います。

なので患者さんによって言うことが全然ちがいますので、文章にすると全然一貫性がなくなってしまうんです。

ーーーそれはそうですね。難しいところですね、でもそれが本当なんですよね。

まあ現場ではそんな感じですね。家族が一生懸命調べて良かれと思ってやっていることもありますので。

7385bfded342c63fa6864ce3ae5ed54a_s

ウチは町医者なので85歳の一人暮らしのお年寄りの料理が自分でできなくて、ヘルパーさんが料理を持ってきている方に、玄米菜食をしなさいとか言えないわけです。

そしたらその人の生活に合わせて、『それなら、ここの通販サイトで宅配をお願いしてね』など、状況に応じて個別に対応していかないといけない。

一人ずつ環境がどうしても違ってきますので、お金がないって言われた時など、他の先生たちが言われる理論が本当は理想かもしれないけど、現実的には出来ないですから。

その人にとってベストはそれぞれちがう

理想をいう先生達は言えばいいのでそれでいいんですが僕らのような町医者は家族ぐるみで仲良くなってしまうので、

時には僕も家に行ってこの人なら何が作れるのかな?と考えながらレシピを考えてあげることもあります。

その人にとってベストはそれぞれちがいますので、ここは町医者の役割かなと思ってやっています。

僕は、以前は患者さんの家に往診に行くと、4時間くらい滞在して、料理やお手当を指導しながら、家庭環境をチェックしているという嫌な医者だったんです(笑)

30bcbf531914093f23386916bca04100_s

治療用ベッドと圧力釜を車に積んで、治療をしながら料理も教えるということをやっていました。

若いときですけどね。

現在、当院には西は一番遠いところだと、奄美大島から来られる人もおられますし、札幌からも患者さんが来れれます。

全国から来院していただくと、短期間に何度も来院していただけないので、診察も一期一会となります。

ですので、その短期間でどれだけのことを伝えられるかが勝負になってきます。

お一人ずつ一応30分のカウンセリングの枠をとっているんですけど、結局1時間弱くらいにはなってしまいます。

その1時間を同じようなことを5人も6人も1日中しゃべりますので、ちょっと効率が悪いかなと思い、何人か集まっていただきながら、より詳細な情報をお伝えできるように現在はセミナー形式にしてお話もさせていただいています。

お一人ずつに短時間のみお話させていただくより、何人か集まっていただき、1日中喋ってもっと色んなことを知ってもらった方がいいかなと思います。

ーーーQ&Aなどもしたりするんですか?

af50e5364decc5b92ef0fae60c9ee435_s

はい、Q&Aが一番大事だと思います。抱えているもの、環境がちがいますので。月~金は普通に診察して週末はだいたい講演やセミナーをしています。

やはり関西が多いですね。

それで色々場所を借りてやるのも会場代が馬鹿らしいなということで、クリニックと
同じビルの3階にサロンを作って行っています

家内もオラソーマやクリスタル、気功などのワークショップを行っているので、共同で運営しています。

家内も元々は、社会福祉士で、精神障害者や路上生活者のお世話をする仕事をしており、その中で現状の医療や福祉では十分ではないという考え方が一致して、共に活動しています。

我々夫婦の的は同じで、『自分が幸せになっていいんだよ』と許可を自分に与える気付きをみなさんに持って欲しいなと。

ガンや病気があるから幸せになってはいけないとか、そういうことではなくてどんな状況でも自分が幸せになろうと思えば幸せになれるよと伝えたいなと思い活動しています。

日本人は特にそれが苦手なんですね。

【関連記事】

気の持ちようで効果は全然違ってくる【病は気から】

人間でデータをとるというのはまず不可能【医療界を離れた理由】 

断食で病気でも治せるが体質・体調による

side_video02

みうらクリニック院長 三浦直樹

医師。1968年大阪生まれ。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識。

以来約20年間、鍼灸や整体などの手技療法、マクロビオティックや漢方・薬膳などの食事療法、カウンセリングや催眠療法などの心理療法、

エネルギーヒーリングや気功法などの研究・実践を行い、必要に応じて西洋医学と組み合わせながら自然治癒力を引き出す治療(統合医療)を行っている。

2007年に臨済宗の僧・野口法蔵氏のもとで「坐禅断食」を学び、断食指導も行っている。

健康的生活習慣のアドバイスを行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』をモットーに、ホリスティックな医療カウンセリングなども取り入れている。

著書「週1断食で万病が治る (週1日、2食抜くだけ!)」(マキノ出版)「Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」」(きれいねっと)がある。

クリニックのHPはこちらから⇒ みうらクリニック

日々、数多くのガン患者を診察している医師の目線から、それらにまつわる多くの情報を整理し、ガンに対する考え方や病院との付き合い方など、より具体的な内容をお話させていただきます。

詳しくはこちらから⇒ Dr.三浦直樹のガンの学校

youjo-labo編集部
養生ラボ編集部です。インタビュー取材、連載コラム編集など。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

患者さんがときめく治療をやらせてあげるのも大事【頭の中の治療】
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る