肌断食のやり方(洗顔編)【何もつけないスキンケア法】

83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_s

【関連記事】前回の記事

肌をきれいにしたい!その方法とは?
美容師をしメイクに携わってきて化粧品も色んなメーカーのものに今まで触れてきました。 仕事終わりや休みの日はデパートやモール、コ...
もちもちのシミしわもないような赤ちゃんのような綺麗な肌は本当に憧れますよね。それが自然であれば。

男性も女性もやっぱり多少のシミやシワは年を重ねていくにつれ自然なことだしそれがむしろ魅力的ではあります。

しかしなるべくなら極度にシワッシワやシミだらけは避けたいのが本音ですよね。肌荒れからも解放されたい!私自身も切実な悩みです。

そこでまず養生ラボがおすすめする
美肌を目指すスキンケア法を紹介します。

【肌断食】とは・・?

一言で言えば、肌本来が持っている機能やパワーの復活させるために、「化粧品の全てをやめてみましょう」というスキンケア法です。

化粧品を一切使わないと、肌にどんなことが起こるのか?

どんな効果があるのか?

まずは洗顔のやり方から

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

昔から北里研究所などでも提唱されている方法でもあります。

理想的な一番ベストな洗顔とは、
洗顔料などは一切使わず、ぬるま湯だけで優しく洗うこと。

メイクなどをしている場合のみ

・ノン合界のクレンジングを使うか

・100%ホホバオイルを使うか

・「シャボン玉石鹸」を使うか。

私は肌断食を始めてからは、基本ポイントメイク(まゆげ、口紅)のみです。

日中長い時間出かけるときは日焼け止めやパウダーも使うのでその時はお湯だけでも落ちるようなオーガニックの化粧品使用していますが、口紅など落ちにくい時のみ「シャボン玉石鹸」をしっかり泡立ててこすらずそっと泡で押さえるようにして手ぬぐいなどで拭き取ります。


シャボン玉 浴用 100g*12個

しかし、普段は「シャボン玉石鹸」も一切使いません。

純石鹸やオーガニックの石鹸などでも一時性刺激物質になるので成分が肌に残留しやすいので使わないのが一番です。

※クレンジング剤や洗顔料を使うと、皮脂が奪われ細胞のタンパク質も変性するそうです。その変性するのが、洗顔後に肌がつっぱると感じる原因だそうです。

そうなると皮脂膜がつくられにくくなり、健康な肌を守ってくれる常在菌もいなくなってしまう。

そこに基礎化粧品などをさらに使えば細胞のダメージは進み肌トラブルがさらに悪化するという悪循環から逃げられなくなってしまうという話です。

洗顔すればするほど肌トラブルは起こりやすくなる

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

洗顔はそもそも顔についたホコリなどの汚れ、皮脂、汗を落とすことが目的ですが、完全に落ちなくても、肌が酸化したり傷むことはないので、大げさな話ゴシゴシ洗って肌を触って刺激するより多少化粧が残っていたとしても肌細胞は毎日新しく作られ、古いものは剥がれ落ちていくので角栓とともにやがて落ちるので、毛穴が詰まることはないので安心してください。

保湿編はこちら

肌断食(保湿編)【何もつけないスキンケア法】
【関連記事】 前回の記事で【理想的な洗顔のやり方】を説明したので。 次は保湿について このスキンケアでは、化粧水やクリ...

私自身肌断食を現在も続けています。(2015/1/1~スタート)
実際に起きた肌変化などもまた詳しく書きます。

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。ラジオコメンテーター、DANZIKIアドバイザー、たまに美容師。アレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。20Kgのダイエットにも大成功。内なる健康を目指し、断食や養生法を取り入れるシンプルライフスタイルの提案を行う。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

肌断食のやり方(洗顔編)【何もつけないスキンケア法】
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る