大豆から作られる製品、発酵食品の良いところ

大豆、大豆製品の栄養、効能

soybeans-182295_640

大豆は、色々な栄養素メリットがあります。

①必須アミノ酸がバランスよく含まれている

②血中コレステロールの低下作用、

③肥満の改善効果などの生理機能があるそう。

④脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など様々な栄養素が含まれている

⑤大豆はコレステロールを全く含んでいない

大豆から作られる製品

08d05692d177f4890fd7671302d8fb5b_s

◎豆乳とおから

大豆を煮て潰し、搾ったときに出てくる汁が豆乳、残ったものがおからになります。

◎豆腐

豆乳に凝固剤(にがり)を加えて固めたものが豆腐。

◎油揚げや生揚げ

豆腐を揚げたものが油揚げや生揚げ。うすく切って揚げたものが油揚げ、厚めのほうが厚揚げ。

他にも、納豆、湯葉、凍り豆腐や味噌、醤油、きな粉も大豆から作られています。

納豆のすごい効能

f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_s

納豆にもデメリット?なのかは疑問ですが、それ以上のメリットがあると思ってます。

ちなみに皆さんご存知でしたか?

納豆の菌はなんと土にいる菌と同じだそうです。

その名も「枯草菌」という土壌菌の仲間。私たち人間の腸にいる日和見菌の多くは、土壌菌なんだそうです。

大豆の発酵食品は土壌菌がつくっているものなんだそうです。

そんな土壌菌の仲間の枯草菌が含まれているから納豆を食べると健康になると言われる所以。

その枯草菌はものすごく硬い殻に覆われているそうで、胃酸に強く、生きて腸まで届いてくれるそうです。

納豆には、日和見菌を増やして、腸内フローラを活発にしてくれる働きがあるそうです。解毒作用もすごくあると言われています。

納豆を選ぶ基準は、遺伝子組み換えでない豆を使い、できれば昔ながらの手法で発酵させた、食品添加物不用のものを選ぶのがいいと思います。

また、自然の中に出かけて土とふれあうことでも、腸内の日和見菌を増やすことはできるそうです。

そして続いてはテンペの効能

皆さんテンペをご存知ですか?

テンペとは、インドネシアでの伝統的な食品でインドネシア版納豆と言われているそうです。

テンペは大豆等をテンペ菌と呼ばれる、ハイビスカスやバナナの葉についている菌で発酵された食べ物だそうです。無塩醗酵食品です。

indonesia-1203250_640

テンペの効能

①生活習慣病の予防

②抗がん作用

③血糖値も下げてくれる働き

④アンチエイジング効果(美肌)

⑤デトックス効果(便秘解消)

⑥栄養が高く

⑦吸収率が良い。

⑧更年期障害の改善

⑨記憶力向上

⑩ストレス緩和

⑪骨粗鬆症の改善

⑫肝機能向上  などなど。

テンペには抗菌作用もあるので、テンペ菌が腸に達すると腸内細菌のバランスを整えて、悪玉菌が増えるのを抑えてくれるそうです。

食物繊維が豊富に含まれているのもポイント。

※「インドネシアの納豆」と言われてますが、納豆菌は使われていません。

高野豆腐のすごい効能・効果

89a587cc4f2cda520b12e4fe88dbbf62_s

高野豆腐は何といっても豆腐の栄養をまるごと凝縮!

やや固めの木綿豆腐を凍らせて熟成させたうえで乾燥させたもので、たんぱく質をはじめ、各種の栄養成分が凝縮されています。

①タンパク質

②食物繊維

③マグネシウム

④亜鉛

⑤鉄

⑥カルシウムなどの栄養素が詰まっている

高野豆腐には、豊富なアミノ酸、ミネラルも含まれています。乾物なので、常備しておくと本当に便利ですよね。

豆腐のすごい効能・効果

558641d5b6ec9fa3984ddf4f9f31ebb8_s

豆腐は消化吸収もよく、熱取り効果が抜群です。熱取り効果?とびっくりされるかもしれませんがご紹介していきます。

大豆は消化のあまり良くない食物とされていますが、豆腐になるとその吸収率は極めて高く、92~98%が消化吸収されるようになるそうです。

もちろん元気なの時もいいですが、体が弱ってる時や離乳食・病人食・老人食・にもいいと思います。

しかし豆腐を食べる時は、魚などのタンパク源や海藻や昆布やごまなどを一緒に食べるのがベストだそうです。

理由は、結合ミネラル(束縛されたミネラル)を補うことが目的だそうです。

豆乳

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s

豆乳には、ホルモンの分泌を活発にしてくれる働きがあったり、血行促進作用もあったり、女性にとって大きなメリットとも言われています。

そして、エストロゲンの重要な働きであるコラーゲンの生成やコレステロールの調整などを大豆イソフラボンが代用してくれるとも言われています。

さらには、生理前に飲んでおくとダイエット効果もあるそうです。

1日の適量として約200ml程度だそうです。

しかしそんな風に言われている豆乳ですが、残念ながら豆乳には、高いレベルのフィチン酸塩が含まれているそうですし、もちろん牛乳飲むよりはいいと思いますが、嗜好品としてたまに飲む感覚に捉えておくのがいいのかもなと思ってます。

私は普段は飲みませんが、たまに気が向いたら飲みます。美味しいですからね。

豆乳も嗜好品の一つです。

コメのとぎ汁乳酸菌で作る豆乳ヨーグルトは発酵食品なので、いいそうです。

大豆製品のメリット・デメリットまとめ

やはり基本は、味噌、納豆、テンペ、高野豆腐などがおすすめですね。

女性の健康に関して何冊かの著作のあるジョン・リー博士は、大豆を食べたい女性は味噌、テンペ、納豆だけに限定するよう勧めているくらいだそうです。

私は煮あずきも大好きなので、食べるときは私は、みりんのみで煮て食べています。

【小豆の効能】

あずき(小豆)の驚きの栄養効果!日本のスーパーフード
日本では古くから親しまれ、縄文遺跡から発掘されているほか、古事記にもその記述がある。 あずきの栄養素 ・糖質 ・食物繊維 ...

【本物のみりんなら】こちらから

安心安全、本物のみりんと言えば【三州三河みりん】

長期熟成天然醸造の手造り本格三河みりん

そして、あまり良くないとされてるのは、発酵して無い大豆製品だそうです。

理由は、「未発酵の大豆には酵素阻害物質が大量にある」とも言われています。

soy-995022_640

大豆は、遺伝子組み換えのものが存在するので、極力避けるに越したことはありません。

一応日本では表示が義務付けられているため、「大豆(遺伝子組み換えでない)」となっているものを選ぶようにしてください。

デメリットはこちらから⇒ 大豆製品の5つのデメリット

そしてどんなものでもそうですが「毎日これさえ食べてればいい」「これだけ食べてればいい」「いいものだからいっぱい食べればいい」と言うものなどないので、バランスと適量を大切にしましょう。

体質などでもちろん合う合わないもあります。

嫌いなものを無理して「健康にいいから」と食べられてる方も中にはいらっしゃいますが、その無理して食べると言うストレスが一番健康に良くないですので、まずは自分の舌や五感を整えて、美味しいと感じるものをチョイスしていきましょう。

メリットもたくさんありますが、デメリットもしっかり理解しておいて得はあっても損はないですので、合わせて読んでみてください。☟☟

大豆製品の5つのデメリット
大豆、大豆製品の真実 大豆は、「畑の肉」と健康にいいと言われる筆頭食材なんですが・・ 実は色んな面から見ると、大豆はからだにいい...
ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。たまに美容師。断食でアレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。
楽しく生きるをモットーに、断食や養生法も取り入れシンプルライフスタイルを目指す。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

大豆から作られる製品、発酵食品の良いところ
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る