【完全保存版】本断食のやり方や回復食のルール

1115

本断食のやり方、断食方法の種類

本断食とは、内容的には一日断食を発展させ、3日や3日以上長期間続けてゆくものといえます。

※長い方では21日断食をされた方もいるそうです。

断食にはいろいろ種類があり、究極の本断食と言われているのは、水も飲まないという厳しい方法(無水断食)と言われていますが、修行の域だと思いますし、

水のみの断食は過酷や危険もありますのでおすすめではありません。

一般的に行なわれている本断食は、ミネラルファスティングや酵素ドリンク断食や青汁断食すまし汁断食などです。

寒天断食(オリジナルレシピ)公開
寒天断食のアレンジ 断食の中には色々やり方があり、水だけ飲んでいい水断食とか、果物ジュースだけ飲んでいい断食などなど。 寒天断食...

他にも色んな断食の種類がありますので、目的や体調・体質、その時の気分(カラダが求めている)に合わせて、

どのような方法が最も適切かを断食施設でされる場合は判断をしてもらい、3日以内の断食で自宅でやる場合はご自身で判断してやってみてください。

※聞いた話だと最近では水断食は過酷なのであまりやる人も減ってきているみたいです。

【関連記事】

三日断食(水断食)を初めてやった時の話

【回復食のやり方】

o0800045013506761732

断食明け(断食を終えた後)の食事ことを「回復食」と言います。

・一日断食したら、1日かけて普段の食事に戻していきます。

・三日断食なら、3日かけて徐々に普通食に戻していきます。

(回復食メニュー)

①一日断食後の最初の回副食は、半かゆ(普通のおかゆに同量のお湯を入れたお湯)に梅干を一つ入れます。

②次の食事は全かゆ(普通のおかゆ)にしてあげる。

③その次の食事で、普段の食事の半分量にするという感じで徐々に戻していってあげてください。

こちらを参考にしてください。

断食後の回復食のやり方 Q&A

本断食後の【回復食(復食)のルール】

回復食のやり方も、基本的には一日断食と同じで、本断食と同じ日数をかけて、回復食を行ない、普通食に戻ってゆくのが原則です。

ですから、三日断食を行なったら、3日間回復食をして、それから普通食に戻していきます。

この回復食がうまくいくか、いかないかが本断食の成否を分けます。

91920d6646dcac7fc157dec6b959fb8b_s

実際にこの回復食中に色んな症状が改善されたりする場合が多いので、せっかく断食をするのでれば回復食をきっちりすることを心したほうがいいと思います。

徐々に体を通常の生活に戻してゆくためにしっかりしたアフターケア―が必要です。

断食の反動で、お腹が減ったからと言ってガツガツとおなかいっぱいになるまで食べてしまう人もいます。

しかし、それではせっかくの断食の苦労も水の泡となってしまうし、胃腸を荒らしたり、肝臓がはれてしまい、よけい体を悪くすることもあるそうです。

そもそも意味が全くなくなってしまうそうです。

急にたくさん食べると胃腸に負担をかけることになるので危険です。

赤ちゃんは急に固形物は食べれないのと同じように、断食後の胃腸は赤ちゃんと同じ状態と考えてもらったら分かりやすいです。

3de1acb20d81cfce6743f93248364daf_s

赤ちゃんに、例えばいきなり硬いせんべいや、普通のご飯、おかずは食べさせないですよね。

重湯から始まり、具なし味噌汁、お粥などのように、胃腸をびっくりさせないようにするのが断食明けの食事の原則ルールです。

※断食後に急にたくさん食べてしまい、腸捻転になり救急車に運ばれ緊急手術された方もいるとのことなので、絶対にしないでくださいね。

※回復食の間は、特に肉・魚といった動物性の食物、油、お砂糖の入ったお菓子(お饅頭・ケーキ・チョコレートなど)は、厳禁です。

これを破ってしまえば、胃腸が痛くなったり、肝臓が腫れてしまう場合もあるそうなので注意してください。

あとやはり回復食に入ると、食欲が異常に出てきます。これは正常な反応だそうです。

多少食べ過ぎるのも仕方ないかもしれませんが、上に述べたような、禁止の食物は食べないようにした方がいいです。

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

【復食後の食生活】

断食を行なう目的は人それぞれありますがそのひとつは、普段の日常生活での食事を正してあげるためでもあると思います。

特に、過食しないようになること。断食を行なうと胃が小さくなるので、しっかり噛んで食べれば特に以前より少ない食事量でも断然満足できるようになります。

回復食後の日常の食事は、半日断食を行なえるのがベストだと思います。

半日断食とたまに一日断食を組みあわせて行なえば、宿便が排泄され、身体の調子も良くなり、悩んでいた困っていた体質や問題が改善されていくと思います。

最後にしっかり読んでいただきたいこと

banner-1165979_640

くり返し強調させていただきますが、3日以上の断食(本断食)は危険ですので家庭では絶対に行なわず、必ず断食指導を実施している施設に泊まりこみ、専門家の指導のもとで行なってください。

効果のほどは、もちろん個人差があります。断食すれば何でもかんでも治るという断食万能説というわけではないと私は思っています。

私は断食をして良くなりましたが、マッチングして改善される方もいれば、合わない方もいるかと思います。

無理して我慢するのであればストレスがたまってしまいます。

ストレスが一番よくないと思いますので、無理なくストレスなく楽しく、そして続けられるかを基準にしてご自身ができることを生活に取り入れてされることをオススメします。

【前回の記事】はこちらから↓

【完全保存版】本断食で自然治癒力を高める
本断食とは・・・・ 本断食とは・・・3日以上の断食のことを言います。 養生ラボでは個人的に実験感覚で3日断食(準備期間1~4日+3日...

【関連記事】

断食、半日断食をやる前にまず手始めにやることとは?

断食後の回復食のやり方 Q&A

【保存版】正しい水の飲み方 (一日の流れ)

脊柱を正す養生法 六大法則 その1

ヒロコ
養生ラボ(YOUJOーLabo)創設者。
愛知県生まれ。ラジオコメンテーター、DANZIKIアドバイザー、たまに美容師。アレルギーも完治、脱ステロイド、断薬達成。20Kgのダイエットにも大成功。内なる健康を目指し、断食や養生法を取り入れるシンプルライフスタイルの提案を行う。
 

※【LINE公式限定】情報盛りだくさん!友達追加よろしくです。

友だち追加数

【完全保存版】本断食のやり方や回復食のルール
この記事をお届けした
養生ラボの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る